1. まとめトップ

【東京】もはや珍しくない!ビルの屋上にある神社

ビルの屋上に鎮座する神社。地代が高く、地面に場所を確保できないことから、ビルの中に組み込まれたり、屋上に持っていかれたりする神社が多いのは東京など大都市ならではの話かもしれません。商売の守り神としてデパートの屋上に鎮座する神社も多数。ここではビルの屋上に鎮座する神社をまとめます。

更新日: 2018年10月01日

5 お気に入り 54514 view
お気に入り追加

このように1階の拝殿と屋上の本殿が水道管で繫がっているというユニークな構造。銀座の大広朝日ビル屋上に鎮座しています。

「航空神社」航空会館

昭和6年の創建。新橋の航空会館屋上に鎮座しており、名前の通り航空安全を祈願する神社。ユニークなのは飛行機が「落ちない」ように祈ることから、受験生にも人気がある。お守りも販売している。羽田空港にある羽田航空神社はここの分社である。

「アクアシティお台場神社」アクアシティお台場

アクアシティお台場7階屋上に鎮座。東京十社の一つである芝大神宮から勧請し創建。レインボーブリッジや海を一望できる立地にある。

「みなと稲荷神社」世界貿易センタービル

世界貿易センタービル3階の中庭にあり、テナントおよび地域住民の方々の繁栄や安全息災、社業繁栄を祈願して、昭和50年(1975年)に伏見稲荷大社からご分霊を勧請したことに始まるとされる。

世界貿易センタービルは40階建てのビル。ここは3階なので正確には屋上ではないが、中庭的場所に鎮座。

「伏見稲荷神社」池袋西武

ここからはデパートの屋上にある神社をいくつか紹介。
これは池袋西武屋上に鎮座する伏見稲荷神社。昭和4年の創建。西東京市にある東伏見稲荷神社と同様、東伏見稲荷とも呼ばれる。京都の伏見稲荷大社の分社である。

「出世稲荷神社」浅草松屋

浅草松屋の屋上に鎮座。京都伏見稲荷から勧請し、昭和6年に創建。屋上からはスカイツリーが良く見える。

「三囲神社」銀座三越

墨田区の三囲神社(みめぐりじんじゃ)の摂社となっている。三越は元々江戸時代の三井家の呉服店から始まっており、墨田区の三囲神社は読み方を変えれば「みつい」となり、また井の文字が囲まれていることから「三井を守る」と考えられ、昔から深い関係があるという。

「三囲神社」日本橋三越

三越の屋上には銀座だけでなく、ここ日本橋にも同じ三囲神社が祀ってある。銀座は鳥居がないが、こちらは立派な鳥居もある。

「靍護稲荷神社」上野松坂屋

1929年創建。荒川区東日暮里にある靍護稲荷神社(かくごいなりじんじゃ)の分社。荒川区の方は松坂屋流通センター脇に鎮座している。靏護稲荷神社は伏見系でもあり豊川系でもあるというダブルの祭神がある稲荷神社で、ちょっと珍しいかも。

1 2 3 4