1. まとめトップ

CIA・ブラックウォーター(ACADEMI社、Xe社)・モンサントはイスラム国を支援している?

CIAはかつてアルカイダを創設し、現在に至ってはシリア・アサド政権を転覆させる為に自由シリア軍と共にイスラム国創設に大きな支援を行った。イスラム国は、イスラム教を名乗ってはいるが実質的には、イスラム教の教えとはかけ離れた非人道的な集団である。

更新日: 2015年03月17日

khazarsisさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
2 お気に入り 8336 view
お気に入り追加

アメリカによるイスラム国支援

・シリア騒乱 2011年1月26日~

シリアのアサド大統領「シリアへの軍事侵攻は、中東全体を不安定化させ、その後遺症は『ひどく恐ろしいもの』になるだろう」

2011.11月時点の事だが、皮肉にも事態はそのようになった。

・イスラーム国建国 2014年1月3日(独立宣言)

疑われるアメリカによるIS支援

米上院共和党議員、「イラク現状はアメリカのテロ支援の結果によるものだ」

「テロ組織"イラクとシャームのイスラム国"が強化された理由のひとつは、アメリカがシリアのこの組織のメンバーに兵器を移送したことにある」とし、シリアの「イラクとシャームのイスラム国」は、アメリカと同盟関係にあったが、アメリカ政府は、シリア政府を支持する勢力を後退させるため、シリアの民兵に兵器を供与し、彼らのために安全な場所を用意した」

誕生した当初、イスラム国は武器兵器を米国のブラックウォーターという民間軍事会社から入手

2012年、Academi社(ブラックウォーター)がトルコ・シリアの国境において自由シリア軍などといった反アサド派勢力に対して軍事訓練サービスを行なっている。

イスラム国リーダー「米国から財政支援を受けた」

ラホールで収監されているユザフ・アル・サラフィ氏は22日、尋問の過程で、パキスタン部隊の設置、またシリアにおける軍事行動用に若者を選別することについて、米国から財政支援を受けた、と述べた。

米軍機が「間違って」ISISの駐屯地に武器を投下。2015 1月

イラクやイランの軍幹部は、米軍が意図してISISに武器を支援したと考えている。

アルカイダもCIAの手によって創設

アルカーイダ

アル=カーイダの起源は、アメリカ中央情報局(CIA)とパキスタン軍統合情報局(ISI)、サウジアラビア総合情報庁(GIP)が1978年以降のソビエト連邦によるアフガニスタン侵攻に対抗させるために、サイクローン作戦の名の下でムジャーヒディーン(イスラム義勇兵)を訓練・育成し武装化させたことに始まる。

イスラム国もアルカイダも「育てた」のはアメリカ。

「2012年2月、アメリカのニュースサイト『ワールド・ネット・デイリー』は、アメリカがトルコとヨルダン北部の訓練基地でシリアの反政府武装勢力を訓練している、と伝えています。このとき、アメリカ特殊部隊が特訓していたのがテロ組織『イラクとシャームのイスラム国』。そう、現在のイスラム国なのです」

シリアの反政府武装勢力を軍事支援していることを欧米メディアが次々と報道 2012年 5月 27日

CIAが主導したから、イスラム国が残虐なのではなかろうか?

「ISISはアメリカとイスラエルによって作られた」

オーストラリア・ブリスベンの政治アナリスト、マックス・イーガン氏は、プレスTVのインタビューで、「テロ組織ISISはアメリカとイスラエルの努力の結果、作り出された」と語りました。…

イスラム国・カリフ

どひゃー、やっぱりスノーデンの言う通りイスラム国は米サウジ・イスラエルが作った会社だ!「イスラム国最高指導者バグダディは米に2度拘束され、米軍に協力的な姿勢を見せたから釈放」NHK削除魚拓 http://t.co/4eUXk9PFcH pic.twitter.com/e1HRpYV2Gs

テロ組織ISISの首領アルバグダディが、イラクとシリアの国境付近の町カイムへの空爆で負傷し、治療の為イスラエルに渡航

1 2





khazarsisです。
ハザール帝国とカタルシスの造語です。
写真は日本国首相のリチャード・アーミテージ総理。

このまとめに参加する