1. まとめトップ

元店員が教える!ユニクロで安く服を買うテクニック集

元店員がユニクロで服を安く買うテクを教えます!また、ちょっとした注意事項などもあります。

更新日: 2015年01月31日

3 お気に入り 95720 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

d_e_b_rrrさん

ユニクロと言えば日本を代表するファストファッションブランド。
機能性と品質とその価格で人々を魅了しています。

今回はそのユニクロで、定価よりも安く服を買う方法を紹介します。

金土日月に行く!

一番ベタです。
意外と知られていないのですが、ユニクロの割引は土日だけではなく金・月も安くなっています。

特に金曜日はセール初日で、売り出しされていることがあまり知られていないため在庫が割とあります。
しかもセール品も金曜に入っているチラシに書いてあります。

金~月以外でも日替わりの限定セール品もあるときもあります。
しかし、1日男女1商品ずつなので、チラシを毎週チェックすることをオススメします!

余談:取り寄せ・取り置きについて

ユニクロでは「取り寄せ」、「取り置き」を承っています。ここで、その注意点と豆知識を書きます。


「取り寄せ」は他のお店の在庫を「取り寄せ」を依頼された店舗に分けてもらうことになります。
他のお店の在庫を調べることは出来るのですが、このような理由から「確実に」入手できるとは限りません。

店員さんに「ちょっと難しいです」と言われた場合は確立はほぼ0%です!
店員さんは他のお店にいちいち「在庫譲ってください」と電話をしなくてはならないので、難しいといわれた場合は察してあげてください。。。

「取り置き」も、よほどの理由がなければ承りません。さらに、基本的に「来店」していないと受けられません。
電話で「○○の在庫ありますか?→取り置きできませんか?」のコンボがよくあったのですが、出来ません。
ユニクロは基本的に来店している方を優先します。

ユニクロアプリを入れる&モバイル会員になる

たまにモバイル会員限定で特定の商品が安くなることがあります。
モバイル会員といってもスマホの場合はユニクロのアプリの画面を見せるだけでOKです。

ガラケーの方は、、、店員さんに言っていただけると教えてもらえます。
しかし、レジで言われるとレジの流れが止まってしまうので、売り場の店員に言うことをオススメします。

ワゴン商品をねらう

ユニクロの売り場の什器のカゴに大量の服が入っているところがあります。
通称「ワゴン」と呼ばれるモノで、前のシーズンのもの(例えば冬なら半袖Tシャツなど)が入っており、常時セール価格で購入することが出来ます。いわゆる在庫処分。
カゴに大量に、いろんなジャンルの服が入っているのでゴチャゴチャしているので、ほぼ掘り出しもの状態です。

透明なビニールに入っていますが、確認するために開けるのもOKです(が、買わないのならば綺麗に戻すべし)。
場所が分からなければ店員さんに聞けば教えてもらえると思います。

過去のモデルの商品を買う

「ワゴン商品をねらう」とも関連していますが、過去(たとえば2013年モデル)のものを安く販売しているときがあります。また、過去モデルが週末にセールになる場合もあります。

冬ですとウルトラライトダウンなどのアウター類でよく見受けられます。アウター類はよく毎年改良されていることがありますが、ぶっちゃけ比較しなければ分からないです(笑)

これも店員さんに聞けば場所を教えてもらえます。

まとめ買いセールでまとめて買う

たまにまとめ買いセールが行われます。大体服が売れない時期にあります。
たとえばパンツ2本買うと990円引きなど。除外品があったりもするので、ちゃんと確認しましょう(これでトラブルが結構ありました・・・)

B品をねらう

さらに通称「B品」といわれるものがあります。
これはいわゆる「ワケあり品」で、例えば「ボタンの外れかけたカーディガン」や、「日焼けしたTシャツ」、「裾直しして返品されたパンツ」など様々。

ヨゴレがついているものもありますが、そこまで気にならないものも多かったりします。しかも、これはかなりの大幅値下げが期待できます。

これは場所がかなり分かりにくいと思うので、店員さんに聞きましょう。

最後に

今回は「正攻法」が多いですが、次回はちょっとした「裏技」に近いものも載せようかなと思っています。またお願いします~。

1