1. まとめトップ

集まれ、働きたい障害者!特例子会社って何?

障害者を積極的に雇用する「特例子会社」についてまとめました。(就労継続A型/就労継続B型/就労移行支援/福祉サービス/障害者/精神障害/発達障害/知的障害/身体障害)

更新日: 2018年07月19日

12 お気に入り 46217 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

zikomoさん

「特例子会社」とは、企業が障害者を積極的に雇用するために設立する子会社のことです。
特例子会社の概要や、メリット・デメリットについてまとめました。

▼特例子会社とは?

あまり耳馴染みのない『特例子会社』とは、一体どういうものでしょうか?

障害者雇用率制度においては、障害者の雇用機会の確保(法定雇用率=2.0%)は 個々の事業主(企業)ごとに義務づけられている。

一方、障害者の雇用の促進及び安定を図るため、事業主が障害者の雇用に特別の配慮をした子会社を設立し、一定の要件を満たす場合には、特例としてその子会社に雇用されている労働者を親会社に雇用されているものとみなして、実雇用率を算定できることとしている。

民間企業の法定雇用率は、平成30年4月より2.2%に引き上げられました。

障がい者を雇用する場合には、きれい事では越えられない、ハード面・ソフト面の様々な「壁」が存在します。その壁をクリアし、障がい者を雇用する為に、より現実的・実践的な方法として考え出されたのが、この「特例子会社」です。

▼企業側のメリットは?

特例子会社制度は、企業側にはどのようなメリットがあるでしょうか?

障害の特性に配慮した仕事の確保・職場環境の整備が容易となり、これにより障害者の能力を十分に引き出すことができる。

職場定着率が高まり、生産性の向上が期待できる。

障害者の受け入れに当たっての設備投資を集中化できる。

親会社と異なる労働条件の設定が可能となり、弾力的な雇用管理が可能となる。

障害者雇用率の達成が可能になり、親会社等の納付金が減額されるか、雇用率によっては調整金が支給される。

社会的責任を履行できるとともに、社会的なイメージアップが図れる。

▼障害者側のメリットは?

特例子会社の設立により、雇用機会の拡大が図られる。

障害者に配慮された職場環境の中で、個々人の能力を発揮する機会が確保される。

▼障害者側のデメリットは?

さまざまな障害者がいるため、勤務評価が難しく、仕事をバリバリやる方にとっては不平不満がでやすい環境

▼特例子会社の数は?

▼どんな特例子会社があるの?

ごく一部ですが、特例子会社を紹介します。

▼就職活動方法は?

1 2