家族は、同情論で国民の支持を獲得して自衛隊撤退などの反日反米イデオロギーに基づいた政治活動を目論んだようだが国民はこれを支持せず、むしろその呆れた態度に憤慨したのである。

家族の政府に対する要求はエスカレートする一方、犯行グループに対する非難は全くなかったことも、国民に疑念を抱かせる主因となっていた。人質を道具に使った政治活動にしか見えなかったのである。

出典イラク三馬鹿事件 ‐ 通信用語の基礎知識

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

今あえて思い出して考えたいイラク日本人人質事件まとめ

10年以上前のことですが、覚えている人も多いかと思います。当時自己責任論が強く上がっていましたが、今回はそれを諌める報道が多く感じました。その理由は当日のことを改めて今紐解くことでわかるかもしれません。いかに今回の被害者とイラクでの「被害者」が似て非なるものかわかっていただけると思います。

このまとめを見る