安全性が高いとされてきたPOS(販売時点情報管理)にサイバー攻撃の手が忍び寄っている。情報セキュリティー大手トレンドマイクロは8日、2014年にウイルスが発見されたPOSレジの台数は世界で13年の21倍に上り、日本でも初めて検出されたと発表した。小売りなど企業側の危機意識の低さを指摘する声は多く、社員教育などが急務となっている。

出典POSレジにもサイバー攻撃 14年、世界で21倍  :日本経済新聞

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

コンビニやスーパーのレジからクレジットカード情報が盗まれる!?「POSウィルス」日本上陸

海外で猛威を奮っていたPOSウィルスが2014年に入って日本に上陸しました。まだ件数は少ないですが、「誰しもが利用する施設」に感染し、甚大な被害をもたらすウィルスです。2015年に更に拡散する可能性が高く、非常に危険です。

このまとめを見る