米EMC傘下のRSA Securityは、小売店などのPOS端末に感染して決済カードや個人情報を盗み出すマルウェア「ChewBacca」が、米国をはじめ、ロシアやオーストラリアなど世界11カ国で見つかったと伝えた。

出典POS端末に「チューバッカ」感染、世界11カ国で被害 - ITmedia エンタープライズ

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

コンビニやスーパーのレジからクレジットカード情報が盗まれる!?「POSウィルス」日本上陸

海外で猛威を奮っていたPOSウィルスが2014年に入って日本に上陸しました。まだ件数は少ないですが、「誰しもが利用する施設」に感染し、甚大な被害をもたらすウィルスです。2015年に更に拡散する可能性が高く、非常に危険です。

このまとめを見る