1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

daiba49さん

発芽玄米を中心とする低GI食は、ガンや糖尿病を防ぐのに効果が高い。 断糖と称する糖質ゼロの食事療法は、肉食中心ならかってのアメリカの ように、ガン、心臓病が国を滅ぼすと言われた事実を忘れるべき ではない。

発芽玄米を中心とする低GI食は、ガンや糖尿病を防ぐのに効果が高い。 断糖と称する糖質ゼロの食事療法は、肉食中心ならかってのアメリカの ように、ガン、心臓病が国を滅ぼすと言われた事実を忘れるべき ではない。

【医学】<糖尿病>「主食は穀物」は人類の大きな誤解[05/12] ift.tt/2jYpWg3

精製された砂糖や、穀物が血糖値の急上昇・急低下を招き
人によっては、眠気・だるさ・精神不安定など引き起こします。
私の場合は、朝に ジュースを1本飲むと、2時間後くらいに倒れてしまいます。
10年?20年?くらい前から、糖分や炭水化物の血糖値の急上昇・急低下についての問題は
研究されていたらしいですが、なぜ今になってやっと「穀物が主食は良く無いかも?」と
言い出したのか?というか、遅すぎるんじゃ??
やっぱ、福島原発事故によって、すい臓の被曝 → 糖尿病になりやすい ことを
砂糖などの糖分・炭水化物の摂りすぎで、糖尿病になったと すり替えしたいのでは??と思った。

玄米に豊富に含まれる成分「ガンマオリザノール」に、糖尿病の改善・予防効果

ガンマオリザノールに、人が本能的に持つ高脂肪食への欲求を抑える働きがあることを米国糖尿病学会誌に発表。玄米の効用で相次いで世界初の発見に結び付けた。

 食べ過ぎや脂肪・糖質に偏った食生活を続けるとインスリンをつくる膵臓(すいぞう)の細胞機能が低下し、やがて糖尿病となる。今回の論文は、ガンマオリザノールが、この細胞の減少を予防することと合わせ、回復する働きがあることも突き止めた

、糖質制限食やローカーボダイエットなどのように糖質(炭水化物)をあまり摂らない食事方法が話題になっています。しかし、糖質は人間にとって必要なエネルギーですので、ただ糖質をカットをすることはあまり望ましくありません。食事は「バランス」が大切です。バランスの取れた食事には炭水化物も必要です。サンスターは、無理なく糖尿病とつきあう食事の方法として食材に含まれる糖質の量、糖の種類、そして糖の吸収スピードを左右する食物繊維の量を考えて、食べ物を選ぶことをオススメしています。

そして、数ある食べ物の中でも、玄米は、白米と置き換えるだけで糖質コントロールにつながるという点に着目し、サンスターは10年以上玄米の研究を国内と海外の病院や研究機関と進めてきました。大学や研究機関で最近発表された研究では、玄米はただ糖質をコントロールするだけではなく、もっと大きなチカラを持っていることも明らかになってきました。

1