1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

daiba49さん

コーヒー
不眠の原因になり、肥満や免疫力低下を含む体調不良に陥ることもあるんですって。カフェインには中毒性もある・・・朝と昼1杯ずつ程度にとどめ

トマト
酸が強く、多く食べ過ぎるとその酸が食道にダメージを与え、食道がんの原因ともなる傷ができる

豆腐
豆腐鉄分が体に吸収されなくなり貧血になる恐れがあるとのこと。女性にいいといわれる“イソフラボン”も、摂り過ぎで子宮内膜増殖症という症状に陥る可能性



血中のナトリウム値が異常に低下していたり、脳の働きに影響したり、ひどい場合は死に至る・・・尿がいつも透明なようなら“飲み過ぎ

ほうれん草

“シュウ酸塩”という腎臓結石のもとにもなる物質も多く含まれます。腎臓結石を患いやすい方はご注意を!

動物性タンパク質

IGF-1という成長ホルモンが過剰分泌され、乳がんを始めとするがんの発生率が上昇する・・・

タンパク質は野菜からも摂れますので、肉類の摂取はほどほどに

豆乳が良くないと言われるワケ


さて添加物の話はさておき、非発酵の大豆に関してよく巷で懸念される説をまとめてみました。
主に下記の3点です。

タンパク質を分解するために膵臓から出る酵素「トリプシン」の分泌を妨げる物質「トリプシンインヒビター」を含有しており、これが過多になると、消化器系疾患が起こるリスクが高まるという説。

母子手帳から消えた「日光浴」の文字

太陽信仰は、それこそ世界中にありました。古代エジプトでは太陽神「ラー」を崇め、中米に栄えたアステカ文明でも太陽は「神」そのものを意味し、日本でも「お天道様」の言葉どおり、太陽を崇めてきた歴史があります。

単に信仰の対象にとどまらず、人々の健康を支えるものとしての見方も古くからありました。イタリアには「陽が差し込まぬところに医者がくる」ということわざがあります。古代ローマでは浴室のほかに「日光浴室」も尊ばれていました。現在でもヨーロッパのスパを訪れると、サウナや浴室のほかに「ソラリウム(日光浴室)」を備えた施設に出くわすことがあります。

タンパク質を分解するために膵臓から出る酵素「トリプシン」の分泌を妨げる物質「トリプシンインヒビター」を含有しており、これが過多になると、消化器系疾患が起こるリスクが高まる

大量の砂糖が使われている?

一方、糖分が高く、大量の砂糖を使用しているとされる野菜ジュースだが、これについては「“砂糖不使用”と書いてある製品には使用されていません。しかし中には、果糖やオリゴ糖など、他の糖質が含まれている場合もあります」と説明。さらに、「砂糖の主な成分はショ糖という二糖類で、糖質のひとつです。表示に、糖質あるいはショ糖と書いてあれば砂糖を加えたのかも? と思われるかもしれませんが、ショ糖は野菜などにも含まれていますから、こだわりの野菜ジュースに含まれる“糖質”は、原材料である野菜または果実に由来するものがほとんど。糖質は三大栄養素のひとつである炭水化物から、消化されない食物繊維を除いた成分の総称で、人間にとって欠かせない重要なエネルギー源です」と述べた。

1