・馬鹿みたいに興奮してしまった。

・だから俺は深海を恐れるんだ。

・6メートル?マジかよ。

・記事「生きた」・・・。

・俺「素晴らしい!生きた状態で見られるのは珍し・・・おお・・・急展開を見せたな。」

・寿司がたくさん作れる。

・生で食べるんだろ。

・俺の目に映るのは、一年分のイカフライだけだ。

・あのダイオウイカで、世界最大のイカフライを作りたい。

・網で捕まえたようだね。
まだ少し泳ぐことが出来たが、後に息絶えた。
研究の為に使われて、寿司を作るために切られることはないそうだ。

・どうしてほっといてやらなかったのだろう?悲しい。

・研究は構わないが、あとで海に戻してやれよ。

・あれを研究してどうするの?

・生きている間は美しかったな。

・どうして浅い海では生きられないの?
浅瀬だからかな?

・寿司には固すぎるだろうな。

・中国だったら、とっくに誰かの皿の上に乗っている。

・わあ、大きなイカだな。

・南極海には、もっと大きなダイオウイカが生息しているぞ。

・地震とか何かが起きる前兆だよ・・・。
火山ガスが発生すると、深海から出て来るんだ。

・イカの寿司って凄く美味しいよね。

前へ