1. まとめトップ

【ONE PIECE】クロコダイル女性説の真相!? 実は○○の恋人だったのかも【白ひげ】【ネタバレ】

ワンピース読者ならよく知る「クロコダイル女性説」ですが、もっと深読みするとすごいことが明らかになるんです・・・ 再登場した時に明らかになってくれるといいですね!!

更新日: 2019年01月14日

35 お気に入り 2203249 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

多くの記事を参考にしました。できるだけ公式の情報に依るようにしています。

■海賊 サー・クロコダイル

元懸賞金8100万ベリーの海賊。その後王下七武海入りを果たす。表向きは「アラバスタ王国」を海賊たちから守る正義の味方であったが、裏では王国を乗っ取ろうとするテロリストだった。

元王下七武海の一人で主人公モンキー・D・ルフィと最初に本格的戦闘を繰り広げた七武海である。

顔面を横断する傷跡、左手の義手のフック、分厚いロングコートが特徴で、葉巻を愛用している。笑い声は「クハハハ」。歳は46歳(2年後設定で)。

出典x28n.com

「スナスナの実」の能力者であるクロコダイルは、「渇き」と「砂」でルフィを圧倒する!!

「自惚れるなよ、小物が・・・!!」

渇きを与える右手と砂嵐を起こす能力を持ち、砂漠での戦闘は無敵と称する。

◾︎砂を用いた能力で敵を圧倒する

右手で触れたすべての物の水分を奪う。岩は砂に還り、大地も砂漠と化す。

体を砂に変えることができ、砂に変えた部分を固めて砂の刃にして敵を切り裂いたり、全身を砂に変えてそれなりのスピードで移動・回避することもできるなど応用力は高い。

自身の掌か砂に触れたものの水分を奪うことができ、一度水分を吸収し始めれば、人体は一瞬でミイラに、木はたちまち枯れておがくずになり、岩盤でさえも砂に変える。

掌で砂嵐を起こすことができ、砂嵐で敵を吹き飛ばしたり、その応用で圧縮した砂嵐を衝撃波として放つことも可能。

「 能力にかまけたそこらのバカどもとは おれは違うぞ 鍛え上げ研ぎ澄ましてある・・・!!!」

大地を切り裂く砂の刃が襲い掛かる。

◾️クロコダイル略歴

コラソンの読んでいる新聞には、クロコダイルの王下七武海入りを報じる記事が。

ルーキーとして偉大なる航路を駆け上がり、20代前半という若さで七武海に就任。

アラバスタ王国を乗っ取り、軍事国家を形成するための作戦を実行に移す。その後、麦わら海賊団と対峙。

古代兵器プルトンの話をどこからか知り、アラバスタ王国にその目を向け、表向きは「海賊を狩る英雄」として活躍しながらその影で犯罪会社バロックワークスを立ち上げ、アラバスタ王国の乗っ取りに向けて暗躍していた。

理想郷は実現ならず、そのまま海軍に捕らえられ大監獄へ。

麦わらの一味の活躍で王国転覆も阻止され、海軍によって捕縛された。

再び対決かと思われたが、思わぬ形で共闘に

マリンフォード頂上戦争直前には、白ひげを討てる機会に血がたぎってシャバへの関心を取り戻し、ルフィに脱獄の協力を持ち掛ける。

彼らの登場で、戦況は大きく変わることに!!

マリンフォード頂上戦争では、白ひげ海賊団や海軍との戦闘を切り抜け、ミホークやドフラミンゴと渡り合うなど、王下七武海に恥じない実力を見せた。

かつての”理想郷作戦”の部下だった「ダズ・ボーネス」を引き連れて新世界へ。

頂上戦争以後は、“偉大なる航路”のある島のある町で傷を癒す。バロックワークス時代の部下ダズ・ボーネスに「(心の)傷は癒えたのか」という皮肉に「新世界について来るか」と返し、ダズを相棒として再び“新世界”へ進出した。

1 2 3 4