1. まとめトップ
  2. レシピ

日本料理が世界最高レベルな理由はずばり「ダシ」にあった!

世界三大料理といえば、「フランス料理」「トルコ料理」「中華料理」。ところが、その中に入っていない日本料理が世界でも最高の評価を受けています。その理由はなんとダシにありました!日本人が日々使っているダシについてまとめてみました。

更新日: 2015年03月09日

433 お気に入り 150567 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

nakanatsuさん

■日本料理のレベルは世界屈指!

グルメ界の最高権威であるミシュランガイドが「日本の飲食店の相当数は誰も追いつけない専門性を確保していた」と発言している。

■日本料理はダシが命!だから世界最高のレベルだった

実はダシの「旨味成分」を発見したのは、ダシに親しんでいる日本人科学者だった。

■ダシを使った日本料理は海外でもバカ受けしている!

アメリカではラーメンブームが起こっている!今やどこの町にもラーメン店が?

訪日外国人が一番おいしかったメニューはやはりラーメン!

ラーメンと言えば、スープのダシが命です!

■海外でもダシはあるが日本ほど種類も多くないし、ダシの味が前面に出ない?

日本人が発見したダシの「旨味」は世界中に発信されるようになりました。

日本は「出汁が全て」、フランスは「ソースが命」と言われる料理。フランスはあくまでソースの添え物的な存在。

日本は、魚介類でダシを取る種類の方が多い。欧米は肉食が中心なので魚より肉を使ったダシが多い。

出汁は、その国の食文化を反映している一つの物差しになるかもしてません。

■日本人なら知っておきたい、正しいダシの取り方

正しい昆布出汁の取り方のコツは沸騰させないこと。

沸騰させると、旨味を消す成分が昆布から出てしまい、せっかくのダシが台無しになります!

昆布と鰹節で取る一番出汁の取り方。ダシの中でも中心になるので、取り方を覚えておいて損はない!

干しシイタケで出汁を取るときは、先に日光に当てると臭さが取れ、ビタミンDが増えます。

「今更聞けない」からこそ、きちんと知っておく必要があるダシの取り方。

画像を見ながら、教えてくれるのでオススメのサイトです。

■知ってた?ダシの雑学って面白い!

1 2