1. まとめトップ

【する?しない?】奨学金繰り上げ返済に悩む人々へ

学生時代に借りた奨学金。早く返せることにこしたことはありませんよね。多くの人々が悩む繰り上げ返済。「早く返済したいけど、繰り上げ返済しても大丈夫?」主に日本学生支援機構の返済についてまとめています。

更新日: 2016年12月09日

isgさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
85 お気に入り 816981 view
お気に入り追加

借りれば長く付き合っていくことになる奨学金の返済。

繰上返済しても特別メリットがあるわけでないようですが、さっさと借金をなくしてすっきりしたい!とすごく思います。

奨学金、繰り上げ返済したほうがいい?
…来年結婚、できれば妊娠も、と考えています。

色々と調べていると、繰り上げ返済をした方が得だ、低金利なのだからずるずると返済したほうが得だなどと様々な意見が見えてきました。。

これから結婚や住宅購入の際にもお金がかかるし、何より借金を抱えていることが不安だという人は多いようです。
繰上げ返済をするかしないか迷っている方のため、そのメリットとみんながどのように繰上げ返済をしたのか、また、なぜしないのかをまとめてみました。

繰上げ返済とは

第一種奨学金、第二種奨学金とも返還期日の到来していない割賦金を繰り上げて返還することができます。

第二種奨学金の場合、その繰上にあたる期間の利息はかかりません。繰上げた回数分は期間短縮となります。


ただし、据置期間利息はかかります。第一種奨学金は、利息がないため返還期間のみが短縮されます。

◆繰り上げた人・しない人の声

どんなふうに繰り上げ返済をした?

10年前に120万の奨学金を借りて8年で完済しました。本当は就職して一年目で120万の貯金はできましたが、一括返済はせず。ちょうど半分返したところで、残りの半分を一括返済しました。

今30代半ばですが、もう返しました。もっとのんびり返すつもりでしたが、希望の職に就けなかったのと、結婚しましたので働けなくなる時期もあるかと思い、短期間で返しました。

先月、繰上返還で奨学金を完済しました。私の場合は専門学校2年間で有利子で奨学金を借りて、毎月7000円、ボーナス月40000円で返還してましたが、先の返済計画と利子から早く抜け出したくて、元々持っていた貯金、ボーナス、ある日から始めた返済用貯金で完済することが出来ました。

今月奨学金の繰上げ返還をしました。返還に踏み切ったのは、
・半年分の生活費が残る
・自動車・家電が新品に近く大型出費がない・夫や子供が健康
・貯金に自信アリ・両親・義両親ともに健康
・若い・手厚い保険に加入している
・遺伝的に大病になりやすい家系ではない・夫の職業などの条件を考えてです。

繰り上げ返済を【する】メリット 4つ

第2種は利息がつくので、このメリットが当てはまります。

返済期間の初期は、利息の割合がかなり大きくなっています。もし利息分を節約したい場合は、なるべく最初の方に繰り上げ返済をしておく方がお得となります。最後の方に繰り上げ返済をするとほとんど利息の節約は期待できません。

これは一括返済した場合に発生するメリットですね!

今まで奨学金返済もありましたが、一括返済すればその分貯金ができ、多少の急な出費にも耐えられるようになります。

ある条件により一括返済した場合に、繰り上げ返済した額の3%~10%が報奨金としてもらえるという仕組みです。

・平成16年度までに賞与開始となった方
・最終割賦金の返還期日の4年前までに返還残額を一括繰上返還

報奨金とは
報奨金とは、平成17年度に廃止された制度で、平成16年度までに貸与開始となった第一種奨学金のみ対象となります。最終割賦金の返還期日の4年前までに返還残額を一括繰上返還した場合に、繰上返還となった金額の5%(返還開始からの経過期間によっては3%)(注)が報奨金として、後日支払われます。

(注)平成11年度以前の貸与開始分は、返還開始からの経過期間によらず10%。

連帯保証人ではなく期間保証を選択していた人に当てはまるメリットになります。

機関保証の保証料返戻金額は、延滞の有無、繰上返還を行う時期、貸与額、貸与年数、返還年数等によって異なります。

以上が繰り上げ返済をした場合のメリットです。普通に払うよりも全体の返済額が少なくなるのが大きなメリットになります。
報奨金は、平成16年度までに貸与開始となった第一種奨学金のみ。機関保証の保証料返戻金額は、延滞の有無、繰上返還を行う時期、貸与額、貸与年数、返還年数等によって異なる点に注意が必要です。

繰り上げ返済をしない人の理由とは?

収入面を考えて、コツコツしてでも、返す予定です。今までは、非正規の立場で奨学金を返済してましたが念願の正社員になれたので、さらに頑張って返済するぞ!と思います。

滞納だけはせず、少しずつ返す予定です。私の財布も実はこれで圧迫され気味です。でもまだあと7年くらい返さなきゃいけないし、貯金は一括返済までお金が足りません。クレジットと比べ利子は安いので滞納だけはせず、少しずつ返す予定です。一緒にがんばりましょう!

1 2 3 4





isgさん

自分にとって面白いこと、興味のあること、記事にしたら面白そうだなーということをキュレーションしていっています。みなさんのお役に立てるような記事になると幸いです。