1. まとめトップ

2015年は恐るべきスパイ映画元年!「007」だけじゃない、注目のスパイ映画が勢ぞろい!

「007」シリーズ、「ミッション:インポッシブル」シリーズが注目されていますが他にも『キック・アス』の原作者&監督コンビの『キングスマン』、ガイ・リッチー監督の『コードネーム U.N.C.L.E.』、スピルバーグの『ブリッジ・オブ・スパイ』など…話題のスパイ映画が控えています!

更新日: 2016年01月11日

21 お気に入り 31369 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

Ryoma7さん

●今年のスパイ映画の公開ラッシュがとんでもない!

それぞれが違ったテイストで、スパイ映画の全てが今年に詰まってると言っても過言ではない…かもしれないレベルの様相を見せています。
あなたに一番あったスパイ映画が分かるはず。

【二大スパイシリーズ『007』と『ミッション:インポッシブル』の最新作】

それぞれが前作で歴代最高との呼び声高い作品だっただけに、今回もかなりの期待が集まっている両作品です。

●12月4日公開予定

監督
サム・メンデス

脚本
ジョン・ローガン

出演者
ダニエル・クレイグ
レイフ・ファインズ
ベン・ウィショー
ナオミ・ハリス
ロリー・キニア
アンドリュー・スコット
デビッド・バウティスタ
モニカ・ベルッチ
レア・セドゥー
クリストフ・ヴァルツ

▼注目は「007」シリーズを代表する悪の秘密結社「スペクター」の復活

今回のタイトル『スペクター』の由来になっています。

スペクターとは、過去の『007』シリーズでボンドの宿敵として登場した悪の組織の名称。ボンドとMr.ホワイトの会話の合間には、組織に所属する悪役が必ずはめているという「ブラックオクトパス」の紋章が刻まれた指輪のカットも登場する。

悪役を演じるのはアカデミー助演男優賞を2度受賞したクリストフ・ヴァルツ。
嫌な男をやらせると、右に出る者はいない…なんて言いたくなるくらいの曲者を演じるのが得意です。

代表作は『イングロリアス・バスターズ』、『ジャンゴ 繋がれざる者』、『おとなのけんか』、『ビッグ・アイズ』など。

●8月7日公開予定

監督
クリストファー・マッカリー

脚本
ドリュー・ピアース

製作
トム・クルーズ
J・J・エイブラムス
デヴィッド・エリソン

出演者
トム・クルーズ
ジェレミー・レナー
サイモン・ペグ
レベッカ・ファーガソン
ヴィング・レイムス
ショーン・ハリス
アレック・ボールドウィン

▼監督は『アウトロー』で組んだトム・クルーズから指名を受けたクリストファー・マッカリー

賛否が分かれていますが、70-80年代のアクション映画的な部分で支持も根強かったりするので、公開前にチェックしてみるのは良いと思います。続編も決定しました。

【かつてコンビを組んでいたマシュー・ヴォーンとガイ・リッチーによるスパイ映画】

▼袖を分かったマシュー・ヴォーンとガイ・リッチー

以前にガイ・リッチー作品を製作していたマシューが監督になった経緯は「単に監督が僕を怒らせることが多かったため、僕自身が監督になった(笑)。僕もそうだが、監督の多くはエゴで、誇大妄想者だからね。実は映画『レイヤー・ケーキ』では、監督をするつもりはなくて、メガホンを取るはずのガイ・リッチーが降板し、その後他の監督にも拒否されたため、結局自分が監督した」と明かした。

本作を期にマシュー・ヴォーンとガイ・リッチーが組むことはなくなりました。
インタビューによると関係は良好なようで、『キングスマン』と『コードネーム U.N.C.L.E.』の撮影時期が重なり、スタジオで再会もしたようです。
本作は続編がジェイソン・ステイサム主演で計画されています。

●9月11日公開予定

監督
マシュー・ボーン

原作
マーク・ミラー
デイブ・ギボンズ

脚本
ジェーン・ゴールドマン
マシュー・ボーン

製作
マシュー・ボーン
デビッド・リード
アダム・ボーリング

出演
コリン・ファース
タロン・エガートン
マーク・ストロング
マイケル・ケイン
サミュエル・L・ジャクソン
ソフィア・ブテラ
マーク・ハミル

1 2