1. まとめトップ

まるわかり!ヨーロッパの国民気質&特徴

ヨーロッパの国民気質や特徴、性格をまとめました。フィンランド ノルウェー スウェーデン オランダ イタリア ドイツ イギリス スイス リヒテンシュタイン ポーランド オーストリア ブルガリア

更新日: 2019年07月22日

59 お気に入り 435268 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ヨーロッパの国民気質や特徴、性格をまとめました。フィンランド ノルウェー スウェーデン オランダ イタリア ドイツ イギリス スイス リヒテンシュタイン ポーランド オーストリア ブルガリア

suzukisatoさん

ヨーロッパ

一口にヨーロッパと言っても国によって、いや、地域によって雰囲気は異なります。

ヨーロッパ+NIS諸国をご紹介します。

フィンランド

フィンランドは変な名前の人がいることでも有名です。アホカスさんやパーヤネン、ツルネンさんなど、不思議なひびきの名前があります。

国民性で、青い目の日本人!って言われるぐらいですって

・時間を守る
・ゴミの分別
・シャイ
・礼儀正しい

などなど、どこか規則をまもる日本人に近いとこがあります

スウェーデン

真面目な国民性のスウェーデンは国際企業が多く、他国にも信用されているのがわかります。IKEAやH&M、ボルボやエリクソンなどはスウェーデン発の会社です。

「控えめで無口」というのはスウェーデン人の典型的な代表イメージです。例えばパーティーのスモールトークなどはあまり得意ではなく、沈黙を厭わない。

ノルウェー

北欧の進んだ男女平等政策の効果か、「強くて自立した女性」が今のノルウェー女性像。ノルウェーではここ最近、女性があまりにも強くなりすぎていて、男性が弱くなっていていると社会問題化しています。

オランダ

ノッポな国として有名なオランダですが、法律もびっくりなことばかり。安楽死や同性婚、ドラッグの使用が認められています。

平均身長が世界一。とにかくオランダ人はデカイ。街中を歩いているとついつい「デカすぎるよ!」と声に出してしまう。

デンマーク

デンマークは日本のように島と陸地で出来た国。ちょっと親近感がわきますね。

ベルギー

ベルギーの北部はオランダ語を、ベルギーの南部はフランス語を話します。北部の人間は真面目で用心深く、南部の人間はのんきでルーズなタイプだそう。

ルクセンブルク

国民の40%が外国人というルクセンブルク。当然行き交う言語も様々の為、ルクセンブルク人は語学に長けています。でも地味。そしてお金持ち。

日本人の気質とは全く正反対な国際感覚に優れている気質にも関わらず、ヨーロッパでは、目立たない存在という点で、どことなく日本人の気質にも共通する。

リヒテンシュタイン

車で10分も走ると外国というほどの小さな国です。公用語はドイツ語。

「タックス・ヘイヴン」(租税回避地)の国としても知られ、税金免除を目的とした外国企業のペーパーカンパニーも集中しており、人口より法人企業数が多いと言われる。

スイス

スイスは永世中立国としての顔を持つ国。だからなのか他人を簡単に信用しないことが多いそうです。確かに中立だからね。

スイス人は堅物、シャイ、オープンじゃない、プライドが高い、でも、親しくなると親身で良い人が多いです。

ポーランド

1 2 3 4