1. まとめトップ

シャツの洗濯方法のコツ

ちょっとしたコツをちゃんと気をつけよう!シャツ洗いが上手になります。

更新日: 2015年02月06日

2 お気に入り 595 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

shinjukuさん

シャツのお手入れの基本

シャツは汚れたらすぐに洗濯する。
・理由は、汗ジミができるため。業界用語では「色泣き」という。黄変する。

シャツは裏面が汚れやすい

シャツは表面よりも裏になる部分が汚れやすい。汚れ落ちを良くするために予め裏返しておくとよい。洗うときはボタンを2-3個あえて留めておくと形が崩れない。ひっくり返しておくことで、ボタンも保護され、かつ汚れも格段に落ちる。

汚れの目立つ部分を表側に向ける

襟口、袖などを表面に出すと、洗濯のときに洗濯水が汚れ部分につきやすくなるので、効果がある。

折りたたんで洗濯用ネットに

洗濯用ネット自体はなくてもよいが、あれば。洗濯機の中で形崩れを起こしたり絡んだりするのでできるだけ折りたたんで洗濯を。

干す前に引っ張ってシワを伸ばす

洗濯後のシワ伸ばし。これはちょっと強すぎない? と思うくらい引っ張ったほうが効果的。干す前には袖や襟、前身ごろ等を中心に、生地が重なっているところは特に強くシワを伸ばそう。これをちゃんとしておくと、アイロンがとても楽になる。

シャツはハンガーに

終わったらシャツをハンガーにかけましょう。陰干しでスローに乾燥させると、縮みを最小限に防ぐことができます。

クリーニングが最善ではないことも?

クリーニングは汚れを取って綺麗にすることが目的。生地への配慮がなされないこともある。それなら、自分で丁寧にコツを掴んで洗えば、長く大切に着れるかもしれない。

1