1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

中川翔子も飼育にハマる!血を吸う「医療用ヒル」がすごかった

タレントのしょこたんこと中川翔子さんが、「ヒル」を飼育している様子をブログであかし話題に。が、「ヒル」は血を吸って生きるもの。果たして飼育なんかできるのか?と思ったら、医療用に飼われている場合があるそう。意外にお役立ちな「ヒル」と中川さんについてまとめました。

更新日: 2015年02月08日

66 お気に入り 567912 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

monet333さん

・タレントのしょこたんこと中川翔子さんが、「ヒル」を飼育している様子をブログであかし話題に

タレントの中川翔子が、最近ハマッているヒル飼育の模様を2015年1月5日夜、ブログを何度も更新し、動画を交えて紹介した

「ヒル!ヒル!ヒルなんです、気持ちわる気持ちいいみたいな不思議な感覚」

多数の写真とともに「ヒル飼育なう キモスかわゆすキモス!ひい!激しくにょろにょろ」と、しょこたん語を交えてヒルへの想いをつづった

さらに6日にもTwitterにて「朝からヒルさん難しいかたちしたりヒョロヒョロ泳いだりキモスです」と引き続きその様子を報告しており、ヒルへの想いは止まらないよう

・番組取材で行ったジャングルで、かまれてやみつきになったという中川さん

ジャングルでかまれてから病みつきになったというしょこたん

中川翔子さんが2月5日、東京都内で行われた3月放送の紀行ドキュメンタリー番組の記者会見に登場し、ロケで訪れた東南アジア・ボルネオへの思いを熱く語った

ジャングルでは苦労もあったようで、「どしゃ降りの雨の中、3匹のヒルにお腹を吸われてむちゃくちゃ気持ち悪かったです」とあかした中川さん

ロケ中、3匹のヒルにおなかをかまれたそうで「最初は気持ち悪かったのに、その後気持ち良くなって…」とテレ笑い

「ジャングルでヒルに襲われてから気持ちわる気持ちいいみたいな不思議な感覚でwww」と番組収録の際にヒルに噛まれたことがきっかけですっかり虜になった様子

・が、「ヒル」は血を吸う生き物のはず、中川さんの飼育が話題に

血を吸うことが有名なヒル

ヒルは、一般的に、動物の血を吸う害虫として扱われ嫌われています

哺乳類に対して吸血する種があり、人を対象とするものも少なくない。川に入っているときや沼地や湿度の高い森林などを歩いているときに取り付かれ、血を吸われることがある

しかし、ヒル全種が吸血するわけではなく、しかもその吸血対象のほとんどは貝や魚であり、人畜に直接害を及ぼす種は、日本で確認されている60種のうち3種のみと、意外と少ない

ネコや亀、スッポンなど多数のペットを飼育し、大の動物好きで知られる中川。ファンからは「ヒルって飼えるんですか…!!」「ヒル育ててるってマジ?」との声が寄せられ話題

・が、実は医療用に「ヒル」が使われているという

実は、医療で「ヒル」が使われているという

ヒルを使った治療法は、最新の医療でもその効果が実証されている

ヒルは400種類ほどいるのだそうだけれど、医療用に適したヒルは体節が102あるもの

ヒルの英語名リーチ(Leech)は、もともと医者の意味であり、チスイビルの学名(Hirudo)もラテン語で医者を意味する

・その血液抗凝固作用が効果があるとされる「ヒル」

血液抗凝固作用が注目されている

近年、ヒルを用いた瀉血治療は、傷口からの細菌の感染防止に有効であることを科学的に証明され、ヒルを用いた治療法が注目

近年では、世界的に医学会でも水ヒルの研究がさかんに行われ、脳や心臓の血管系の病気に対する独特の作用が見直されてきています

ヒルは血液凝固を防ぐ物質を分泌。傷口の血行が良くなり、回復を早める効用があるとされる

医療用ヒルは、ヒルの唾液に血液抗凝固作用のある物質が含まれていることから、四肢切断・手指の再接着術後などに吸着させることにより、鬱血を解除するなどの効果が見込める

1 2