1. まとめトップ
  2. 雑学

「映画館でポップコーン」はナゼ定番化した??実は..アンチ派も多い?

今や映画館と言えばポップコーンのイメージ。どんな、理由で映画館でポップコーンが食べられるようになったのでしょうか。

更新日: 2015年02月07日

78 お気に入り 326880 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

musinoneさん

今や映画館と言えばポップコーンのイメージ

おばあちゃんと映画館へ行って、キャラメルポップコーンを食べるのも楽しみのひとつ♪

せんべい食いたい映画館のキャラメルポップコーン食べたい

映画観るときのポップコーンって大事! あそこの映画館のキャラメルポップコーン不味くて半分以上残した(-_-)

映画観に行きたい。映画館で映画を観たい。DVD待ち派やけど、たまには劇場で観たい。ポップコーン持ちながら観たい。吹き替えじゃなくて字幕で見たい。本当は。字幕派の人と映画館に行きたい。本当は。

でも、なんでなの??

今では切っても切れない仲になっているポップコーンと映画館の関係はどのように作られたのか?

40〜50年代にアメリカの映画館で定番化した

アメリカでポップコーンが映画館の定番になったのは1940年代中盤から50年代にかけて

投げつけても被害が少ない

観客がスクリーンに投げつけてもダメージが低いお菓子として多くの映画館で販売されるようになりました

投げつけても???w

安価だった

1927年にトーキー時代が始まると、映画はもはや読み書きできる教養人だけのものではなくなってきた。映画を観に行くことは、どんな人でも楽しめる娯楽になったのだ

映画を見ながら食べることができる安価なポップコーンは映画観賞のお供にぴったりのスナックとなった

売る側のメリットが大きい

映画館で販売している「ポップコーン」のお値段は、かなり高額です。一番小さいサイズでも300円。大きいサイズだと500円ぐらいしま

1 2