1. まとめトップ

【緊急事態】 列島分断!?2015年2月に未曾有の大地震か

東日本大震災からまもなく4年。2万人近い死者を出したあの大地震は、未来永劫語り継いでいかなければならない日本の歴史の1ページだと思います。日本人の災害への関心は高い中、次なる関心ごとといえば「次の地震はいつ起こるのか」ということだと思います。

更新日: 2015年02月07日

1 お気に入り 1648 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

徳島県で最大震度5強の大きな地震

2月16日午前10時25分頃、徳島県南部を震源とする大きな地震がありました。この影響を受けて、鉄道が全線止まる事態となりました。

かなり大きめの地震だったようです・・・

今日の10:25頃、徳島県南部を震源とするM5.0の地震があり、徳島県で震度5強を観測... goo.gl/DhufWj

そういや地震来た時前のスマホにも緊急エリアメールきてびびった 県外のやつにも来るんだねどうゆうシステムなのか

御嶽山の噴火や阿蘇山の噴火は記憶に新しいですね。震度5を超えてくる地震は、定期的に起こってますし・・・。

火山活動と地震は連動する

私たちが住む大地を何十キロと掘っていくと、グツグツと煮えたぎるマグマが出てきます。このマグマが起こす「対流」がプレートを動かし、火山活動も引き起こします。

すべては、マグマのせいだったんですね・・・。

次なる地震で気を付けるべき2大地震

静岡の駿河湾から四国のほうまで大きく伸びている大きな溝。この周辺で、150~200年おきにM8.0前後の大地震が発生している。

最も新しいものでは、
1944年に紀伊半島南東沖を震源とする東南海地震(M7.9)
1946年に同じく紀伊半島南方沖を震源とする南海地震(M8.0)

ただし、いずれも駿河湾から離れており、駿河湾周辺ではプレートの沈み込みによる「ストレス」が残っていると思われる。

その駿河湾沖のストレスが解放されたとき、南海トラフ全体が連動して地震が発生すると思われる。これが南海トラフ大地震である。

最悪、32万人の死者が出るという政府の試算です。

関東大震災も、この「首都直下型地震」に分類されるでしょう。もし今この地震が起こったら、経済損失は約112兆円という政府の試算です。日本のGDPが400兆円であることを考えたら、いかに大きな損失であるかが分かるでしょう。

首都直下型のM8クラスの巨大地震は、約200年周期で発生していると考えられています。その巨大地震の発生後、約80~100年の“静穏期”を経て、再び“活動期”に入る。活動期に入ればM7クラスの地震が頻発し、最後にM8クラスの巨大地震が発生します。1923年の関東大震災から現在までの東京が静穏期だとすると、そろそろ活動期に突入する。M7クラスの地震はいつ起こっても不思議ではない

出典ameblo.jp

いずれにしても、こんなでかい地震が発生したら日本は破綻です。

敵国の侵攻を許すかも

地震が起きたら、自衛隊を派遣せざるを得ません。もしそんなことになったら、これを機に「イスラム国」の侵攻を許してしまうかもしれません。

今や、「日本含む欧米各国vsイスラム国」の図式は完全に出来上がっています。大地震で日本国民が弱っているところを狙われたら最後です。日本は崩壊します。

2月中に大地震発生か? ネットで話題の予言

実際はどうなるのでしょうか?
今回の地震が南海トラフ大地震の予兆でないことを祈るばかりです。

1