1. まとめトップ

【お得】喫煙者に朗報☆タバコを無料or割安に手に入れる方法

近年、タバコ税の度重なる増税により、かつてないほど値上がりしているタバコ。そんなタバコ、通常は税法上セール品等はないのですが、いくつかお得に入手する方法もありますのでご紹介。

更新日: 2017年01月25日

11 お気に入り 128982 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

moepapaさん

タバコ費用節約

こんな不景気で、小遣いも減り続けるような世の中で、
昨今タバコ代も度重なる値上げで、吸う人にとっては購入代もどんどん負担になっているでしょうから、若干ですが、ちょっとした工夫や裏ワザでお得に手に入る方法なぞを

免税店

免税店(めんぜいてん)は、出国する旅行者に対して、商品にかかる税金(消費税や酒税、輸入品の関税など)を免除して販売する小売店をいう。主に空港内や一部の繁華街に存在する。また、国際航路の船内に設けられているショーケース販売や、国際線航空機の機内免税品販売も免税店の一種である。

国際空港のゲート内や、一部市街地でも許可を受けた店舗等で行っている免税店です。

一番定番の、そもそも法律上日本の課税ルールが適用されなければこんなにタバコは高くないわけで、免税される、海外や、国内でも国際空港の出国カウンター以降のショップで買うと免税で買えます。

国内外のタバコが充実の品揃えで売っています。
免罪なので格安で購入でき、免税される範囲でがっつり買うのがオススメです。

免税店は必要な費用と利益を価格に載せますので、免税店であっても1,456円で購入できるわけではありませんが、大体2,000円前後の金額になっていると思います。

本来国内でたばこ税がかかって高価なタバコも、免税店なら(所定の量を守れば)格安で購入できます。

ただし、購入して税金がかからないのは免税範囲の本数だけです。
免税範囲を超えた場合、税関で税金を払う必要があります。
帰国時に日本に税金を払わずもちこめるたばこの本数は、1人あたり日本製たばこ200本、外国製たばこ200本です。

ここまで一気に買うかは疑問ですが、一応オーバーしないようにご注意を

サンプルタバコ

これはご近所にタバコ屋がある場合の小技ですが、自販機で買うと普通に買った分しか手に入りませんが。タバコ屋ですと、メーカーから、新商品のキャンペーン等があると、宣伝用にサンプル品を配布するように渡されている場合があり、運がいいと、買ったついでにそのサンプル品もおまけでもらえます☆

たいていはサンプル用4本パックとかですが、時には新製品等がワンパックまるまるですし、大小問わず、タダでもらえるのはお得です。

コツとしては、そんなに銘柄にこだわらない場合、お店もすぐに渡せるように、カウンター横にサンプルも積んであることが多く、その新商品と同じ銘柄の古い商品を買うと、たいてい宣伝効果あり、とおまけもくれる場合が多いです。

運がいいと通常と同じ20本パックの場合もあります。
※いつも同じ店で買うなら店主と顔なじみになるとしょっちゅうくれたり☆

JTたばこwebサイトで会員登録

JT(日本たばこ産業株式会社)の公式WEBサイト。
20歳以上なら登録、会員利用可能です。

JTの公式サイトではいつも登録会員を募集しています。

会員登録していると、定期的に新商品発売の際に、宣伝のために自宅にそのパッケージを配送してくれます。

こんな感じで宅配されてきます。
サンプルセットで4,5本の小箱のこともあれば、お得なことに、まるまま1箱分送ってくることも多々あります。

このJTweb会員の場合、サンプルと言っても、毎度ちゃんとした1箱分くれるので大変お得です。

キャンペーン配布品

1 2