1. まとめトップ

[落ちない・痛くならない]イヤリングより、メリットいっぱい 『ノンホール』ピアスまとめ

ノンホールピアスとは、ピアスに見えるイヤリングのことで、名前の通り、穴をあけなくてもつけれるアクセサリーです♡見た目がピアスっぽく見られるのでノンホールピアス☆

更新日: 2015年02月08日

324 お気に入り 1430533 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

きゅぃーさん

ノンホールピアスとは?

ノンホールピアスとは、ピアスに見えるイヤリングのことで、名前の通り、穴をあけなくてもつけれるアクセサリーです♡見た目がピアスっぽく見られるのでノンホールピアス☆

ピアスに見えますが、実は穴はあけていないんです!

出典ameblo.jp

パーツはこのようになっていて、これを耳たぶに挟んで使います。

メリット1:ピアス穴をあけなくてもよい

ピアスを開ける勇気がない、校則で禁止されている、開けた後の処理が面倒くさそう、などの理由でピアスホールを開けていない人も多いと思います。
そんな人におすすめなのがノンホールピアス。

出典ameblo.jp

痛々しい画像ですが・・・

こんなことになる心配もありません

メリット2:金属アレルギーでも心配なし

ノンホールピアスにも金属製・樹脂製がありますが、どちらかというと樹脂製の方が目立たないため、種類も豊富です。金属アレルギーの人にとっては都合の良いことですね。

そしてこれが樹脂製のもの

透明なので、これの方がピアスに見えます

メリット3:痛くならない

ねじ式やクリップ式のイヤリングだと耳たぶが痛い・・・。
痛さで頭痛を引き起こす・・・。

重いチャームにも耐えられる、ということで使われるねじ式のイヤリングパーツ。
しかし、挟む力も強く、引っ張られるので痛い

ねじ式は見た目がダサいから嫌だという人もいるでしょう。

メリット4:落としづらい

ノンホールピアスは耳たぶにぴったりとフィットした形なので、知らないうちに落としていたなんてことはほとんどありません。

ノンホールピアスのつけ方

耳たぶの一番薄いところから差し込む

耳たぶの下までスライドさせる

下へ引っ張ってみて、しっかり留まっていればOK

ただし・・・注意点

耳たぶに挟んでいるだけなので、もともと耳たぶが極端に薄い人には向いていないかもしれません。

力加減の調節がしづらいので、福耳の人や耳たぶが極端に厚い人には向いていないかもしれません。

心配な人は、イヤリングの試着ができるお店(店員さんに声をかけて試着させてもらうなど)で一度つけてみることをおすすめします

通販で買えるかわいいノンホールピアス

アマゾンで販売されているノンホールピアスを紹介します。
画像下のリンクからどうぞ。

1 2