1. まとめトップ

家庭の医学シリーズ~白血病の豆知識

一般の方から有名人まで多く人が罹患している、白血病の豆知識をまとめます。

更新日: 2019年02月17日

0 お気に入り 2683 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

torinaviさん

白血病とは

白血病は血液のがんです。血液細胞には赤血球、血小板、白血球がありますが、これらの血液細胞が骨髄でつくられる過程で、がんになります。がん化した細胞(白血病細胞)は、骨髄内で増殖し、骨髄を占拠してしまいます。そのため、正常な血液細胞が減少し、貧血、免疫系のはたらきの低下、出血傾向、脾臓(血液を貯蔵しておく臓器)の肥大などの症状があらわれます。

白血病の原因

白血病を含む「がん」は、一般に遺伝子や染色体に傷がつくことで発症すると考えられています。遺伝子や染色体に傷がつく原因として、放射線、ベンゼンやトルエンなどの化学物質、ウイルスなどが挙げられていますが、そのしくみは完全には解明されていません。

白血病の種類

白血病は、急速に進行する急性白血病と、ゆっくり進行する慢性白血病に大きく二分され、さらにそれぞれ骨髄系細胞から発生する骨髄性白血病と、リンパ球系細胞から発生するリンパ性白血病に分けられます。

白血病の症状

白血病の症状は、どの段階の血液の細胞ががんになったかにより異なります。しかし、異常な白血病の細胞が増えることで正常な白血球、赤血球、そして血小板が減少すると、感染症にかかりやすくなったり、貧血の症状(だるい、立ちくらみ、疲れやすいなど)がみられたり、血が止まりにくいなどの症状が現れやすくなります。

白血病の治療

分子標的療法
化学療法よりも高い治療効果が望めることから、慢性骨髄性白血病治療の第一選択ともいわれる治療法です。使用する薬剤としては、イマチニブ・ニロチニブ・ダサチニブという薬剤の、いずれかを選択します。

白血病にまつわるツイート

白血病は血液のがんです。発見された時点でその血液は全身に回っている。早期発見だから進行していないので助かる、早期発見できなかったから進行していて手遅れだという考え方はしない。治療がうまくいくかどうかという予後に影響するのは、遺伝子や染色体の異常に基づく分類です。(上昌広)

白血病がわかる動画

白血病と戦う有名人

白血病関連本

白血病情報リンク

1