1. まとめトップ

知っておこう! 身の回りの有害な化学物質 「EDTA・2Na(エデト酸ナトリウム)」

私たちの周りには,有害な化学物質が無数に潜んでおりますが,単に有害であるから避けるのではなく,それらの特徴を知って有益な化学物質として付き合えたらいいのではないかと考えております。そこで今回は,「EDTA・2Na」についてまとめてみました。

更新日: 2015年02月11日

1 お気に入り 28465 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

dory864さん

EDTA・2Na

別名 エチレンジアミン四酢酸二ナトリウム
別名 エデト酸ナトリウム

食料品や化粧品の保存料、安定化剤として使用されるほか、
医薬品として、金属中毒の治療にも用いられている。
さらに、工業的には
水の軟水化や重金属の錯化除去などの用途に使用されている。

主な作用

左図のように
金属を錯化(キレート)結合して
金属を捕集し
金属による作用を不活化する。

この作用を利用して
金属による品質劣化を防ぐ保存料としてや
金属を捕集して排除する金属除去剤として
用いられている。

身体への影響

身体への影響としては、
・皮膚への刺激、発疹
・ぜんそくの症状が悪化
さらには、
発がん性の疑いもあるといわれているが
発がん性の懸念はないという結果もある。

皮膚へのアレルギーがある一方、
金属を不活化するため
金属アレルギーの軽減といった
良い影響もある。

結論(筆者の意見)

金属アレルギーの軽減や金属中毒の治療は別として、
食品や化粧品の品質の劣化を防ぐために使われており、
身体にはまったく良い影響はないので、
使われていないほうが良いのではないでしょうか。

注意して、原材料に使われていないか確認すべきかと思います。

1