1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

ukinfoさん

引越し前に日本で済ませること

□ 複数の引越し業者への見積、選定
□ 不用品の処分(ヤフオクなどで販売、譲渡、レンタル倉庫か実家などに送付、処分)
□ 航空券の手配(小さなお子様がいる場合にはバシネットや離乳食の予約も)
□ 役所関係(海外転出届、年金・健康保険)
□ 税金関係(確定申告、住民税の精算)
□ 銀行関係(銀行のオンラインバンキング設定、移住先銀行への送金)
□ 医療関係(歯の治療など済ませておく、持病がある場合には薬を多めにもらっておく)
□ 国際免許書き換え
□ 不要なサービスの解約(不動産、電気・水道・ガス、携帯・電話、インターネット、生命・損害保険)
□ 会員情報の書換(DMが届かないようにする)
□ お住まいの地域の役所で戸籍謄本を海外から取り寄せる方法を事前に調べておく
□ 移住先で手に入りにくいものを調達しておく

お子様がいらっしゃってまだイギリスでの出生届を出していない場合には、出国直前に戸籍謄本を取り寄せて翻訳手配して、移住先でなるべく早く届を出す。

イギリスに日本から持っていくもの

引っ越したら現地で行うこと

在留届(在英国日本国大使館)、NI番号の登録、NHS番号の登録、銀行口座開設、運転免許書き換え、携帯電話契約など。

配偶者が外国人の場合

日本国籍を有しない方が、国民年金、又は厚生年金保険の被保険者資格を喪失し、日本を出国した場合、日本に住所を有しなくなった日から2年以内に脱退一時金を請求することができます。

原則として、再入国許可の有効期間が経過するまでは国民年金の被保険者とされることから、脱退一時金は請求できません。なお、国民年金の被保険者資格の喪失日(再入国許可の有効期間(みなし再入国許可期間)が経過した日)から2年間が脱退一時金の請求可能期間となります。(再入国許可期限内であっても住民票が消除される場合がありますので、脱退一時金請求の時効起算日についてはご注意ください。)

ペットがいる場合

日本人コミュニティ

1