1. まとめトップ

【今ある教材で】iPad・iPhoneを利用した受験勉強【大学】

現役生時代になんとかiPadやiPhoneを有効活用して勉強に使えないかと調べた所あまりネット上には載ってないので私なりの勉強法をまとめてみました。

更新日: 2015年02月11日

37 お気に入り 34771 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

sattyaaaaaanさん

スマートに生きたい受験生…

遂にiPadをGET!
というのも、手に入れたから活かせないかと考えたというより
勉強を効率良くするために入手しました。

学校や仕事に通いながら勉強

この時に何が大変かって、
参考書に単語帳に問題集が3教科分、予備校へ行くからお弁当も必要…
そんなこんなでとにかく勉強するには荷物が増える。
今日は用事があるから学校や予備校で自習する分は英語だけでいいや(^^)
なんて日に限って予定が無くなったり…
それに参考書なんて分厚いし、とてもじゃないけど電車の中でなんて出来ない…
でも通学時間に音楽を聴くように、空いた時間にタブレットで漫画を読むように
勉強をこなし空いた時間を自由に使えれば、
スマート!かっこいい!

紙→iPadへ

一番の荷物は書物。
それをできる限りiPadへ放り込みます。

初めはスキャナーで読み込み、パソコンで編集、iTunesからiPadへ移し教科書を読んでいました。
しかし後になって手間と気付き、簡単にiPadで勉強する方法を考えました。

iPadだけでもスキャン→PDF化→ノートアプリ

iPadだけでスキャンしてもいいんですが、正直何枚も撮るには重い…
iPadを棚に置いてタッチするだけでスキャン
という方法もありますが私の環境では影が入るのでやめました。笑
そこで今は、iPhone6に同じアプリを入れ
さっさっとスキャンしiPadの方で同期して貰っています。
iPhone6はとにかく手ブレ補正が素晴らしいので
ピントを合わせる苦労なしにシャッター押しまくるのでスピードが断然違います!
iPhone6でなくても、スマートフォンとタブレットでは大分重さが違うので
この方法をオススメします。

この2つのアプリだけでもう勉強始められます(笑)

CamscannerでスキャンとPDF化をやってくれるので、
あとはNoteshelfで開くだけ。
読んで覚えるもヨシ、蛍光ペンで暗記するもヨシ、ペンで注意書き、更には別にノートを作って計画表も作れます。
あまりにもNoteshelfが勉強向きなので(もちろん他の用途にも優れています)
私のNoteshelfは勉強道具の本棚となってしまいました。

iPadで勉強を予備校生に薦めたいワケ

実は、iPadで勉強するのを決意するに当たって、
私が予備校に通い日本史の授業を受けていた事が一つの理由です。
予備校生って、授業の際先生の声を録音するんですよね。
暗記科目に限らずどの授業もたいてい録音してますよね。
実はこれが効率アップにかなり使えます。
もちろん普通に復習する時にも使うんですが、電車で通学中、
教科書の入ったiPad片手にイヤホン挿して授業の録音を聴けば
それはもう立派な授業です。

録音+iPad

上に書いた勉方法の時にオススメのアプリを紹介します。
やはり、一度聴いた授業なので同じスピードで聴くには効率が悪いのです。
授業って大体90分あります。
そこで録音した音声をiTunesで同期できる方向けですが速度を自由に換えられるアプリがあります。

1回目の復習の時は倍速1.3程度…
2回目は教科書も見ず通学中などにミュージック感覚で1.8倍速で聴いたりしてました(笑)
それが、2回目となると(授業を聴くのは3回目)
不思議と早く感じないし教科書を見返さずとも教科書が頭に浮かんできます。

そんな事出来るのも下ネタで評判の
大手予備校講師の面白い授業だったからかもしれませんが(笑)

逆に、喋るのが早すぎる先生の授業をゆっくり聴く事もできます。
予備校の暗記科目を教える先生は早口になりますよね…

暗記科目は学校の授業にせよ録音する事をオススメします。

注意!電子化しない方がいいもの…

ズバリ、単語帳と現代文です!
参考書に問題集まで読み込んじゃいますが
単語帳は帳と付くだけの役割があります。
パッと開いて付箋をたくさんつけて覚えた単語は付箋をはずし…


現代文は、英語もそうですがどうしても解くことがメインとなります。
まだ、英語長文は知らない単語が出てくることが多く
それをいちいち別のノートなどにまとめるのは手間になるので
解いた後に蛍光ペンでマークしスキャンする事はしますが…

現代文は解いた後に見返す回数も少ないので電子化は向いてません。

頑張れ受験生!

身体的負担や精神的な気の持ちようも受験生にはかなり大きいものです。
少しでも楽をしてやりたい事に進めるよう
もっと勉強の電子化が進んで欲しいと願ってます。

1