1. まとめトップ

ペン画家が選ぶ、ペンレビュー。

ミリペンを好んで使用し、細かい絵などを描いております。その中で、色々なペンを使用していますので、こちらでレビュー紹介させていただきます。少しでも、ペン選びの参考になれば幸いです。

更新日: 2018年03月14日

12 お気に入り 30566 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

tat86さん

■漫画などに最適NEOPIKOシリーズ

アルコールマーカーと言えばCOPICが有名ですが。
日本のNEOPIKOもCOPICに比べると安くて、使いやすく
このライナーペンともバッチリの相性ですので、色をつけたい方にはおすすめ

■今、一番アツいミリペン!?

Magicでおなじみ、寺西化学工業のミリペン。
個人的には、現在一番利用しているペン。
ペン先も丈夫で、滲みにくいので、塗りに水性色ペンを使ってもなかなか滲まないのが特徴。
また、個人的に優れていると思う所は、紙の当たりがとても滑らかで
かすれる感じが、かなり少ない。
価格も1本150円と、他に比べ安いので、オススメです。

■筆ペンだけど、絵にも良い!?

筆ペンですが。
細い方を使えばミリペンをも凌ぐ、繊細な線から
太い方を使えばそのまま塗りもできちゃう、優れもの。
細字の方ペン先が筆なので、潰れないように少し気を付けなければいけませんが、いい感じに固く作ってあるので、とても絵を描くのに馴染みます。
また強弱で線幅を変えれるので、味のある線が描けます。

しかし、筆ペンなので、絵を描いていると
割と早いペースでかすれて来ます・・・

しかし、このペンはかなり癖になります。

■どこでも買える、即戦力!

これは、いつでもどこでも買える!そんなペンですw
他の紹介しているペンは、欲しくてもなかなか文具屋さんなどでも取り扱っていませんが、このペンは100円ショップやコンビニなどに置いてあるので、今すぐ使えるペンです。
描き心地も良く、こちらもボールペンなので、ペン先を気にせず力強い線も描けます。
また、線も適度に細さで、とても重宝します。

■無印良品の優れもの!

こちらは、0.25でボールペンと言う所がポイントです。
ボールペンではやはり限界の細さがあると思いますが、このペンは使った感じは、0.25より細いんじゃないかなって思う繊細な線が描けます。
またボールペンなので、ペン先の心配もあまり心配しなくて良いので、スラスラ使えます。

■程よい使い易さのPIGMA

PIGMAシリーズ。
こちらは0.05からブラッシュまで展開。
使ってみた感じで言うと、色が濃くハッキリ描ける印象です。
しばらく、使っていると少しペン先がぶれたりする場合もありますが、持っていて損はしないペン。

■繊細さはNo.1!?

COPIC MULTI LINER
キングコング西野さんが使用し、一躍知名度を上げたペン。
とても繊細で、綺麗な線から、擦れを利用して
グラデーションなどにも使い易い。

1