1. まとめトップ

【海外旅行】ホテルよりオススメ。Airbnbを実際に使ってみてわかったこと【アメリカ西海岸編】

【メッセージテンプレ付・使い方】去年の夏、今話題の「Airbnb」というサービスを使ってアメリカ西海岸(ロサンゼルスとサンフランシスコ)で2週間の一人旅をしてきました。せっかくなのでその使い方を紹介していきたいと思います

更新日: 2015年08月04日

packyj555さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
23 お気に入り 30648 view
お気に入り追加

登録時に気をつけたいこと

Airbnbは最近のウェブサービスよろしく、メールアドレスからの新規登録だけでなくFacebookからのプロフィール転用登録が可能です。このときどちらにしようか悩むかもしれませんが、なるべくFacebookのアカウントを利用するようにしましょう。
なぜならそのほうが圧倒的に予約の成立率が向上するからです。
実際に新規アカウントとfacebookアカウントの両方を作ってためしたわけではないので、正確な情報とは言えないですが、僕の友人でAirbnbのホスト(つまり家を貸す側)をやっている人がいるのですが、「予約の申込があった場合は予約者のプロフィールを確かめてからでないと予約受け入れはしない」と言っていました。
新規でアカウントを作るとプロフィールを作るのが大変でついついサボってしまいます。しかしfacebookからの転用なら、facebookアカウントそのものがプロフィールの役割を果たしてくれるので、とっても楽です。またホストも予約者の顔が見えるので安心して家を貸し出すことができます。

Airbnbとは?

Airbnb (エアビーアンドビー、エアビーエンビー)は、宿泊施設を貸し出す人向けのウェブサイトである。
中略
このサイトの利用者は利用に際して登録して、本人のオンラインプロファイルを作成する必要がある。すべての物件はホストと関連付けられており、ホストのプロファイルには他利用者からのお勧め、泊まったことのあるゲストからのレビュー、また、レスポンス・レーティングやプライベートなメッセージングシステムも含んでいる。

宿泊するゲストは、物件についての質問を、Airbnbを介して直接ユーザに伝えなければならない。ユーザーは誰に物件を貸すか100%の決定権がある。泊まりたいゲストが予約リクエストを送ると、ホストは要求を受け入れるか拒否するか少なくとも24時間の猶予がある。ユーザーが予約を受け付けた後、待ち合わせの時間を調整し、連絡先をゲストに伝える。予約が完了すると、ユーザーがレビューを残すことが奨励されている。レビューは、ゲストとホスト両方が有効性と関係性を構築するのに役立つ。

予約するにはホストに直接メッセージを送る

Airbnbで実際に宿泊の予約をするには、部屋を提供しているホストにAirbnb上でメッセージを送る必要が有ります。
Airbnbのサイトやアプリ自体は各言語に翻訳され、日本語でも運営されているので油断してしまうのですが、ホストはその国に住んでる一般の方(一部宿泊施設が登録している場合もある)なのでその国の言語で(僕の場合は米国だったので英語ですみました)メッセージを送らなくてはなりません。
あまり文法や表現など深く考える必要はありませんが、あまりにも言語的に障壁があるなら、ホストも受け入れた後にトラブルになるのを避けるため受け入れ拒否される可能性が高まります。

Hi
I'm 〇〇 from Tokyo, Japan.

I'm planning to travel around LA this summer and looking for the place that I can stay for 4 nights, from 5th Sep to 9th.

I'm really interested in your place.

If still your place is available, let me know.

sincerely
〇〇

HI 〇〇 -

GREETINGS FROM VENICE BEACH AND VENICE BEACH HOSTEL.
YES, WE HAVE SHARED FOR THOSE DATES.
PLEASE RESERVE.
PLEASE REMEMBER THAT IT IS SUBJECT TO CONTINUED AVAILABILITY IN THE INTERIM.

THANKS.
△△
VENICE BEACH HOSTEL

早めの予約が大事

ちなみに僕は11日間の滞在でロスとサンフランシスコに滞在したのですが、ロスではホステルに、サンフランシスコでは一般人の家に泊めて頂きました。
上のメールのやり取りは、ロスのホステルとのものです。
Airbnbの公式サイトでも予約メッセージは非承認のことも考えて、たくさんのホストに同時に出すことをおすすめしています。しかし僕は宿泊の1ヶ月前に泊まりたいと思った2件のみ送って、どちらも承認をもらえました。泊まるのが9月の1週目と微妙に観光シーズンを過ぎていたのと、早めの予約が功を奏し、成約率100%だったのでラッキーでした。

泊まる場所は空港からのアクセスがいい場所を選ぶと失敗しない

これは特に公共の交通機関があまり便利でないロスのような場所に行くときに言えることなのですが、泊まる場所へのアクセス方法やまわりにあるものをしっかりと頭にたたきこんでおきましょう。何せ泊まるところが、ホテルなどの観光向けの場所ではなく(僕の場合最初のロスはホステルですが)一般人のお宅なので、お世辞にもアクセスがいいところとは言えない場合が多いです。辛いのは空港から最初に向かうとき、それと帰国するとき空港に向かう時です。
重い荷物もって延々と歩き続けるなんて嫌でしょう?
帰りも、うかうかしていると飛行機に乗り遅れかねません。
場所を選ぶときの1つの基準は、空港からのアクセスがし易いか?ということに絞ると意外といい物件が見つかると思いますよ。
空港からの距離というよりは、アクセスのしやすさです。

ちなみに僕が泊まったのは下の2つです

旅の目的を考えて選ぶ

さて、僕はホステルと一般宅の両方を利用したわけですが、なぜこの組み合わせにしたのかをお教えします。それはロスを一人で旅するのは嫌だったから。そして逆にサンフランシスコではのんびりしたかったからです。
今振り返れば、この考えは大正解でした。特にロスでホステルというこの選択は間違いのないものだと思っています。
あまり利用したことない人にはホステルと言うと、ルームシェアでいろんな人がいて治安も宜しくないというイメージを持っていると思います。確かに部屋に個人用の貴重品入れはあるものの、基本的に出入りは簡単にできてしまうので、セキュリティレベルが良いとは言えません。
しかし、そんな不安と天秤にかけても惜しくないほど得難いものがホステルには有ります。
世界各国から集まったいろんな国のいろんな年齢の人との出会いです。
ホステルを選ぶような人は確かにある程度英語が話せたりしますが、それこそ世界中から集まっているので、そのレベルもまちまちです。ですから、あまり固く考えずにみんながワイワイしている中に飛び込んでしまえば意外とすぐに友だちになれます。
それこそ夜は毎日ベランダでビールをケースで持ち込んでのお祭り騒ぎでした。
一人旅の人が多いので、仲良くなると一緒に観光地めぐりなんかもできたりします。
実際に僕もイギリスから来た人と二人でハリウッド観光しました。

実際行ったらビックリすることもあるので覚悟はしておく

これは2つ目に泊まったサンフランシスコのお宅の話なのですが、実際行ってみたら少しびっくりすることもあります。このお宅は裏庭にコテージを建てていて、そのコテージをまるまる貸してもらえるというものでした。実際写真やレビューにあった通り素晴らしいコテージでした、、、ある一点を除いて、、、
それはこの世で最も大事な場所、そう「トイレ」です。
トイレはシャワーとともに裏庭にある仕切りで目隠しされた場所(海の家なんかのシャワーを思い浮かべて頂ければいいと思います)にあるのですが、トイレとは名ばかりで、バケツに専用の便座が付けられただけのものでした(本当に普通の、ごく普通のバケツです)。
慣れるまではとっても苦労すると思います。しかもこのシャワー屋根も無ければ電灯もないので、天気が悪かったり、夜暗くなってからは使えません(トイレしたくなったらコテージに備え付けられていた懐中電灯をもって用を足しにいきましたw)。
ちゃんと他の人のレビューにも書かれていたのですが、まあ想像の斜め上を行ってたのでちょっと面食らいましたね。
あと元気な犬二匹が、お昼は裏庭で放し飼いになっているので、犬嫌いとかがある人は事前にホストにペット状況をを尋ねたほうがいいかもしれません。

何より安くて楽しい!!

結局のところAirbnbを使ってわかったこと、それは場所と時と目的にもよるけどホテルより「安上がりで楽しい」ということです。
新しい刺激が欲しければ、ホストが夕食を作ってくれる物件もありますし、ルームシェアや僕のようにホステルを探すという手段もあります。一人でのんびりしたければ、プライベートに一部屋や、家一件まるまる貸してくれる物件もあります。
普通にホテルの検索サービスを利用するより、ずっと選択肢が広いのがairbnbの良い所です。
また、立地も様々な場所にあるので、旅行のプランに合わせて複数の物件を渡り歩くのも選択の1つになるでしょう。

僕も最初はホテルに泊まるつもりで計画を立てていました。しかし9泊もするとホテルだと簡単に15万円(場所や質を選ばなくてもこの価格)を超えてきます。僕がこの旅で利用した宿泊代はたったの5万円です。それで、ホテルに優るとも劣らない快適な時間を過ごせた上、ホテルでは味わえない新しい人との出会いも楽しめました。
自分の殻を破る手助けをしてくれるAirbnb、ぜひ次回の旅行の時には、宿探しの候補に入れてみるといいかもしれませんよ。

1





packyj555さん