1. まとめトップ

日本中がゴーストタウンになる!下落する日本の不動産価格!

日本の不動産価格がどんどん下落して、日本中にゴーストタウンが形成されるのではないかとみられています。

更新日: 2015年02月09日

0 お気に入り 4936 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

misukiruさん

高齢化が深刻すぎる日本の現状

庭付き一戸建てが並ぶ郊外の住宅地を歩けば、雨戸を閉め切った「空き家予備軍」がいくつもある。

日本の不動産価格が下落する理由

現在の日本の不動産投資は、インカムゲインを狙ったものが主流となっていますが、出口戦略のない不動産投資は「失敗」

外観や内装を保つためのコストがかさむようになります。一方で、借り手側には物件の魅力は年数を経るごとに薄れていきます。

スキー場に近い物件が粗大ゴミ化

バブル時代に湯沢町にリゾートマンションが乱立しており、スキー場に近いこれらの物件が粗大ゴミになっています。

バブルの絶頂期、スキー場に近くて温泉プール付きのこれらの物件は投資用としても人気を集め、数千万円で取引された。それがいまの売値は10万円単位

一番の問題は維持管理費で、毎年の固定資産税に加え、毎月管理費や修繕積立金などの共益費がかかる。

保有しているだけでコストがかかる

100万円台で買えたとしても、マンションはただ所有しているだけで管理費、修繕積立金、固定資産税などのコストがかかる。

日本に出現しはじめたゴーストタウン

「院長が自殺した」「医療ミスがあった」などというあるかないかの噂が流れて、肝試しのために不法侵入する者が発生するなどトラブル続きで閉鎖されました。

新潟県北蒲原郡笹神村にかつて存在したテーマパークです。1993年、ロシアとの文化交流を目的に県内初のテーマパークとして開園しましたが、2003年12月に休園して、2004年に閉園しました。

1