中学生くらいから嫌なこと面倒なことがあると、いかにしてラクしてやり過ごすかを考えてきた
受験もがんばっていいところを目指すんじゃなくて、勉強しなくてもなんとか入れる底辺高校へ
専門学校進学もとりあえず社会に出るのがイヤだったから、まだ学生でいたかったから
そして卒業後はバイト生活、そこでも頑張らなくてもまあまあやり過ごせる仕事
辛いことや苦しいことに直面しても、「無理無理」とその壁を乗り越える努力をすることはなかった
そうしているうちに30代後半に突入、同年代ならかんたんに飛び越えられる壁も
底辺へ底辺へと沈んでいった俺にとってはるか高くそびえ立っていた
その壁はどんどん高くなっていき、俺はただ絶望するだけだった

次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【コピペまとめ大量】衝撃のニート・フリーターの末路

働きたくないでござる!働きたくないでござる!働きたくないでござる!働きたくないでござる!働きたくないでござる!働きたくないでござる!働きたくないでござる!働きたくないでござる!働きたくないでござる!働きたくないでござる!

このまとめを見る