1. まとめトップ

孤独のグルメ聖地巡礼 かっぱ の牛煮込みに悶絶【原作】

原作版の孤独のグルメに登場する、駒沢の「かっぱ」座った瞬間牛煮込みが出されるシステム。なぜならメインメニューは牛煮込みだけだから

更新日: 2016年06月06日

14 お気に入り 66643 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

holuhooさん

孤独のグルメ 第26話に登場

五郎が見つけた駒沢の裏通りの牛煮込み屋さん

この裏通り感がいいんです
原作では「らっぱ」だったが実際は「かっぱ」

究極のシステマチック
座るとすぐに提供される牛煮込み。ここでご飯の大きさを店主に伝える仕組み。

着席するやいなや、まだ何も注文していないのに無言で置かれる煮込みと漬け物
何も知らなければ「お通しかな?」と勘違いしてしまう所だが、そこは「こどグル」で予習済み
僕は間髪入れずにご飯(大)を注文した

この潔いビジュアルが食欲をそそる

そう、見たまんま原寸大にウマイんです。

ご飯がなくなるとtweetしてくれます

実際の「かっぱ」は1950年創業の老舗

東京都世田谷区駒沢5-24-8

17:00~翌0:30

木曜・第3水曜定休

裏道の住宅街にある「牛煮込み」専門店。カウンター10席のみ小さな店。
昭和25年(1950)創業。昭和30年代に内閣総理大臣賞を受賞したという。
フジテレビの深夜番組、寺門ジモン「取材拒否の店」にも登場した。

全メニュー一覧

煮込み (並600円 /小500円)
御飯 (大350円 /並200円/小150円)
お茶漬け (並250円/小200円)
漬け物  100円

以上!!

え?私語厳禁??

元々は居酒屋だったが泥酔客が多いため
酒販売を止めて牛肉煮込み専門店に業態変更。
煮込みは牛バラ肉とこんにゃくを
味噌ベースの煮汁と生姜で煮込んだ一品。
現在の店主(お婿さん)で三代目。
現店主及びたまに厨房に立つ二代目の前でも
”私語厳禁の店”と都市伝説化されているが、
実際は他の客に迷惑にならない声のトーンであれば
無問題で私語厳禁というわけではない。

※注  モツ煮ではありません

この手のビジュアルは大概モツ煮ですが、かっぱのは牛煮込み!

やっぱ最後は

最後は煮込みを丼に突っ込んでかっこむのが乙だ!
いやー、ご馳走様でした、また来るぜ!

テイクアウトもできちゃうよ

店内で食べるだけでなく、テイクアウトも可能。

手ぶらで行ってもタッパーを購入することで持ち帰ることができるが、容器代を節約するために自分で持って行ってもいいかも。

一人メシには最高な空間

1