1. まとめトップ
  2. ビジネススキル

疲れるわ...愛想笑いをやめることで手に入れられるもの

人前で無理矢理笑ってはいませんか?ふと一人になった瞬間、笑い疲れて大きなため息をついていたり。笑顔はコミュニケーションにかかせないものですが、本当にそうなのでしょうか?

更新日: 2015年02月11日

pacha15さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
423 お気に入り 132015 view
お気に入り追加

■無理に笑うのは疲れる

最近愛想笑いするのも疲れてきたので常にスイッチOFFです。はい。

ただし楽しい、って感情をもとにすると「俺が楽しいんだからあなたも楽しいはず」になるから愛想笑い+内面はどうでもいいor嫌悪感付いてくるから一番ダメなパターンだと思う。

時として「あの人、口元が笑ってるけど、目は笑ってない」などと言われてしまうことがあります

よくいるよねーそういう人!と思うけど実はあなたも・・・?

本当に笑っている場合は、呼吸している割合が声を出している割合より多くなります。つまり、本当に笑っているときの方が、愛想笑いのときより、息づかいが荒いということ

本気で笑う時、ガッハッハと息をたくさん使います。
でも愛想笑いの息遣いは、話すとき息遣いと近くなっている

作り笑いの場合は、笑顔の継続時間は短く、笑顔はどこか不意に消えます。

■愛想笑いをする隠れた心理

その場をなんとか乗り切るためのウソの笑いには承認欲求が隠されていました。

愛想笑いというのは、心は楽しくも嬉しくもないのに、
表情だけをなんとか楽しそうに繕っている状態

「嫌われない為のコミュニケーションの盾」

自信が無いから、「本当の自分自身」を守るためのペルソナとして、「愛想笑い」をしていると考えられます。

他の人に好きでいてもらうことで、
自分は愛される人間だと思いたかったのです。

「自分に価値を感じたい」「好かれたい・愛されたい」 このような欲求を満たそうとしている。

とりあえずの愛想笑いを続けるのは、相手とぶつからないようにするためでしょう。安寧な生活、問題のない日常を求めている

自信が無いから、「本当の自分自身」を守るためのペルソナとして、「愛想笑い」をしていると考えられます。

もちろん、自分の心(感情)は自分で知っているので、
心と体のバランスが取れていない、
「自分に嘘をついている」と気付いています。

自分に嘘をついている時 、私たちは必ずネガティブな感情を経験しますので、
自分自身を嫌いになったり、疲れたりするわけです。

そこまでして得られるものって何だろう?

私たちは何を求めて生きているのだろう。
愛想笑いで手に入れられるものはきっとその場限りの関係になってしまいます。

良好な人間関係って、努力して作り出すものなのだろうか。自分がしあわせになるために? 出世して収入を増やすために? そんな下心にもとづいて創出した人間関係は、はたして本当の「絆」と呼べるのか。

表情は笑顔でも自分のことしか考えていない人は
相手も敏感に感じ取りますので、
何を言っても断れない人として都合よく使われたり
あまり大切に扱ってはもらえないでしょう。

見かけの上で「いい人」は「都合いい人」として扱われることもあるのです。

人生は短い。好きでもない相手に気に入ってもらおうとするなんて時間の無駄だ。コミュニケーション能力がないことを思い悩むほうが、よほど精神衛生上よろしくない。

限られた一生の中で作り笑いをして、お膳立てする必要があるのだろうか?

■本当に笑えば人生はついてくる!

全員に好かれることはできません。この世界にはいろいろな価値観を持った人がいるから。
それならあなたを受け入れてくれる人と付き合いませんか?

あなたが死んだ時に、泣いてくれる誰か。あるいはその人が死んだときに、あなたが涙する誰か。そういう誰かとの絆を深く、強固なものにするべきだ。

自分が興味のある話をしていたり、
心から相手を喜ばせたいと思っている時には
楽しい気持ちになり自然な笑顔が現れます。

もし本当に相手に興味を持とうとしたり、
相手のことをよく知ろうという気持ちがあるなら、 適切な質問をしたり、自分から提供できる話題が
思い浮かんだりして愛想笑いなどしている暇はないのです。

簡単なことですぐに鬱病になって、そのくせ満員電車に耐えられるほど我慢強くて。それが私たちなのだ。誰からも好かれるようなつまらない人間になるぐらいなら、もっと大切なものを見つけたい。

1





pacha15さん

時には頑張らなくてもいいんじゃない?
動物系まとめが楽しくなってきました。



  • 話題の動画をまとめよう