1. まとめトップ

自分に合ったシャンプーの選び方

シャンプーを購入し使用した後に失敗してしまったという経験がある人も少なくないと思います。ここでは数多くあるシャンプーの中から自分に合ったシャンプーを選ぶコツについて伝授します。

更新日: 2015年02月11日

emotam-revanさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
3 お気に入り 5127 view
お気に入り追加

まずは『自分の頭皮の状態』を確認すること

頭皮は、「オイリー頭皮」、「ノーマル頭皮」、「乾燥頭皮」の3つに分類できる

オイリー頭皮でフケやカユミを改善したい方には医薬部外品の「薬用シャンプー」

ノーマル・乾燥頭皮でフケやカユミを改善したい方は「石油由来の界面活性剤」が全く入っていない低刺激なシャンプー

薬用シャンプーとは

頭皮環境を整えて、フケ・かゆみを防ぎ、髪のダメージを保護、修正して、抜け毛などを緩和し、育毛促進を促すためのシャンプー

「石油由来の界面活性剤」が全く入っていない低刺激なシャンプーを選ぶには

容器裏の全成分を見て、左上に書かれている3つの成分をチェックします。最初に「水」と書かれていますので、次の2つの成分で「ラウリル硫酸・・・」や、「ラウレス硫酸・・・」と書かれていると、脱脂力の強い界面活性剤

次に『シャンプーに期待する効果』について考えてみる

・肌に優しい
・髪のダメージを改善したい
・髪にハリコシを出したい
・香りが持続

シャンプーに期待する効果について以上の4つが多く見られるようです。

『肌に優しい』シャンプー

アミノ酸シャンプーは、比較的新しく、肌にやさしい洗浄剤と注目されているシャンプーです。
美容室などのサロンや、頭皮ケアを考えるシャンプーに多いタイプです。

アミノ酸シャンプーは、高級アルコール系シャンプーや石鹸シャンプーより、
圧倒的に髪や肌にやさしく、シャンプー剤に不満を持った方から支持される場合多いです。

『髪のダメージを改善』できるシャンプー

瞬時に髪の手触りを良くしたい方は、シャンプーやコンディショナーに「シリコン」が入っているのを選べば、髪の手触りはよくなります。

髪や頭皮に異常がないなら、硫酸系のシャンプーでも問題ありません。でもダメージヘアを自覚している、カラーやパーマを長持ちさせたいなら、思い切って違うものに切り替えてみましょう。

『髪にハリコシが出る』シャンプー

シャンプーに「ケラチン」や「コラーゲン」などのたんぱく質成分が含まれているものを選びましょう。髪の内部に栄養が浸透しハリコシを与えてくれます。

『香りが持続する』シャンプー

基本的に香りが持続するシャンプーというのは、植物性の天然香料にしろ、合成香料を使っているにしろ、香料をふんだんに使っているケースがほとんどです。

香りを持続させたいがゆえに、シャンプーやトリートメントをしっかり流さない人もいますが、これは逆効果。シャンプーなどの洗い残しは、頭皮の雑菌を増やす原因に。髪や頭皮のべたつきも引き起こすので、十分に洗い流すようにしましょう。

シャンプー選びに大事なことは自分の肌の質や髪質などを把握すること、シャンプーに求めることについてはっきりさせること。また、シャンプー選びだけでなく適切な髪の洗い方について知っておくことも重要だと言える。

1





emotam-revanさん

コンニチワ.