出典 ks.c.yimg.jp

百地 三太夫

石川五ェ門の師匠。50年間で5000人もの人物を殺し、「伊賀の死神」という異名を持つ。五ェ門を百地流殺法の後継者として育てていたが、老齢の為、弟子の五ェ門に剣で負ける程にまで衰えていた。虚栄心から不二子を使って五ェ門とルパンを対決・共倒れさせ「殺しの世界チャンピオン」に返り咲こうと企む。不二子に報酬を渡す際に床下に潜んでいた五ェ門の殺気を察知し、咄嗟に三文芝居を打ち、窮地を逃れる。五ェ門の躊躇を弱点と指摘し、用意していた気球で逃げようとしたが、気球はルパンに狙撃され、爆発・墜落する。文豪柴田錬三郎を模している。

この情報が含まれているまとめはこちら

このまとめを見る