1. まとめトップ

【残酷】アンゴラウサギの商品が販売中止【助けて!】

アンゴラウサギ…って、知っていますか?アンゴラは手触りがいいウールなんですが、この素材を得るために中国で行われている方法が酷いんです…。

更新日: 2015年02月26日

halarukaさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
0 お気に入り 45708 view
お気に入り追加

あまりの残酷さに、ファッション大手が商品の販売を中止。

ロンドン(CNNMoney) アパレルチェーン「ザラ」などを展開する世界ファッション大手のインディテックスは、傘下のチェーン店全6400店舗で、アンゴラウサギの毛を使った商品の販売を中止すると発表した。活動家が反対キャンペーンで生産工程の残虐さを訴えたことを受けた措置。

アンゴラウサギってどんなうさぎ?

毛玉のような容姿を特徴とする、トルコのアンゴラ(アンカラ)地方原産のウサギの一種。元々はそれほど毛が長くなかったが、毛をより多く採取するために、ヨーロッパで品種改良された。アンゴラウサギの毛は、現在もセーターやコートなどに用いられており、アンゴラヤギの毛と同様にアンゴラと称されることが多い。

アンゴラウサギはその愛くるしい容姿から、
家族として一緒に暮らしている方もいます。

その残酷な毛を取る方法(動画あり:注意!)

前脚をひとつに縛られ、作業台の上に括りつけられるウサギたち。男性作業員がその耳をつかみ、非情にも体の毛をベリベリとむしってはカゴに入れて行く。ウサギはその都度絶叫し、露出したピンク色の皮膚には血がにじむ。しかし作業は淡々と続けられ、ぐったりと弱りきったところでウサギは再びケージに戻されるのだ。

前から問題視されていた

2013年11月21日、新華網によると、動物保護団体PETAアジアは、
中国の山東省、江蘇省などの農村にあるアンゴラウサギの飼育場を極秘に訪れ、中の様子を撮影した。

映されていたウサギの毛が剥がされる様子は、かなり残酷である。
作業員がウサギの身体から毛を荒々しく引き抜くと、ウサギは苦痛で叫び声を上げた。

これらのウサギは、3カ月ごとにこの苦痛を受けなければならず、
2~5年経っても生きていた場合は、処分されて食肉として売られるという。

署名を集めているサイトもある

こちらのサイトでは、かなり前から署名運動をしているようです。

世間の声

インディテックスは傘下のチェーン店全6400店舗でアンゴラウサギの毛を使った商品の販売を中止すると発表したよ。活動家が反対キャンペーンで生産工程の残虐さを訴えたことを受けた措置なんだにゃ。 - Y!ニュース news.yahoo.co.jp/pickup/6149269

アンゴラウサギが可愛そうだからアンゴラの服販売中止って、見た目が可愛い動物は優遇するっていう差別じゃないか。

アンゴラウサギ: 世界のブランドメーカーがボイコットを発表して話題になってるアンゴラウサギ。。。動物愛護団体PETAがYouTubeで紹介した映像があまりに衝撃過ぎて w(゚ロ゚;wなんと、うさぎの毛をカットするんじゃな... bit.ly/17eoopT

『【なぜ生きたまま?】アンゴラウサギの毛むしり動画などを受けて、ザラなども販売中止。』独断と偏見によるニュース解説|dokuhennews.seesaa.net/article/413887… #アンゴラウサギ"

アンゴラ商品、アンゴラウサギの悲鳴!むしり方酷い! 自然にぬけた毛、肉になる副産物じゃないのだよ! ZARAも販売中止した程!怖い~もふもふファーを着用してる女子は鬼だ。デートで「うさぎかわゆ~❤」というあなたの彼女も鬼畜かも~ japan.techinsight.jp/2013/12/yokote…

アンゴラウサギ…可哀想…。 完全に人間のえごやないか そこまでして、毛皮着たいんか? おまけにむしるだけむしって、反発くらったから、はい販売中止にしましたってね…なんて、人間は愚かなんだろう…。 アンゴラウサギに謝れ! ってか、謝っても許されへんわ‼︎

関連リンク

1 2





halarukaさん

0歳児の女の子の母親です。
毎日の成長が嬉しいですヽ(*´∀`)ノ