1. まとめトップ

元広島・前田智徳さんが、引退後の生活を謳歌しすぎている

元広島東洋カープで活躍した“天才”前田智徳さん。現役時代の「求道者」ぶりから引退後は静かな生活を送るかと思われたが、頻繁にメディアに登場するなど引退後の生活を謳歌しているようだ。

更新日: 2015年02月12日

kiyo_fujiさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
1 お気に入り 45998 view
お気に入り追加

●“悲運の天才”前田智徳さん、野球解説者として大ブレイク中

広島東洋カープ一筋で、平成カープで背番号「1」と言えば前田その人。現役生活23年間で積み上げた安打数は2119本(2015年開幕前でプロ歴代26位)。ベストナイン、ゴールデングラブ賞4回受賞。シーズン打率3割以上11回(歴代5位)。若くして右アキレス腱を断裂、左アキレス腱にもメスを入れるなど怪我が多い一方で、長嶋茂雄・落合博満・イチローがそれぞれ「天才」と称したことから、「悲運の天才」と呼ばれる。また、野球に対する誠実な姿勢から「求道者」「侍」とも。

地元広島のメディアの他、『報道ステーション』でも解説者として活躍。ちなみに報道ステーション解説者は栗山英樹、工藤公康と現在はプロ監督が多い。今年から就任の稲葉篤紀も将来の監督は既定路線。つまり前田智徳さんも将来は…!!

●選手時代の鬼のような表情からは想像もできない、解説者前田さん

引退のきっかけにもなったデッドボール時には、恐ろしい表情で相手投手に凄んだ。

大好物のスイーツ(好物はアイスと和菓子)をほおばる時はまるで女子のような表情になる前田智徳さん

さわやかスマイルの前田智徳さん

●野球の現場はもちろん、大活躍中の前田智徳さん

現役時代の寡黙さ(なおイメージだけで本当はおしゃべり)を覆すジョークで、若手選手の魅力を引き出してあげる前田智徳さん

食事制限をしている丸選手に「でも、甘いモノは食べたくなるでしょ?」と煽る、甘いモノ大好きな前田智徳さん

オールスターでホームランを打った千両役者堂林選手に、「ナイスホームランですか?」とかいう答えにくい問いかけをする前田智徳さん

宮島清盛まつり 平清盛にふんしたカープの“侍”前田智徳さん

本人よりもファンのほうが違和感がある前田智徳さん

現役時代を考えると、こんなオブジェができるとは夢にも思わなかった。

「前田智徳は死にました」とか、記者に言っていたころがあったとは思えないほどサービス精神旺盛な前田智徳さん

最近のファンは前田智徳さんが3割二ケタ打っていた時代は知らないだろうが、ネットのおかげで「スイーツ大好きおもしろ求道者おじさん」と認識されている前田智徳さん

レジェンド揃いの「モルツ軍」に参戦した前田智徳さん。股間の前で組む手がかわいい

ゴルフで上を目指すためにもスパッと野球を諦めた説もある、実力派アマゴルファー前田智徳さん。ゴルフは右打ちなんですね。

「やっぱりこの1台しかないというのが乗ってみたいなと思いますよね」と台本通りのコメントを決める業師前田智徳さん

「自分で操作するタイプではないので、新鮮な感じでしたね」とコメントを残し、「自分で操作するタイプはやったことあるのか」とつっこみたくなる余地を作る、ナイスコメントな前田智徳さん

現役時代は大好きな甘いモノを我慢してプレーしていた前田智徳さん(でも食べていた)。引退後は飲酒運転にも厳しい

出典i2.wp.com

なぜか解説者時代の写真で公認グッズが作られる前田智徳さん

●第二の人生、解説者・前田智徳さんから今後も目が離せない!

1