1. まとめトップ
  2. IT・ガジェット

新製品続々!「CP+2015」で発表された注目のカメラまとめ

カメラと写真映像の展示会「CP+2015」がパシフィコ横浜で開幕しました!それに伴ってカメラメーカー各社から新製品が続々と発表されています。その中でも注目のカメラをまとめましたので来場の参考にどうぞ!イベントは15日までです。

更新日: 2016年11月10日

霧生幻さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
160 お気に入り 75525 view
お気に入り追加

カメラと写真の祭典「CP+2015」が開幕!15日まで

カメラと写真映像の展示会「CP+ 2015」が12日、パシフィコ横浜にて開幕した。15日まで4日間にわたって開催される。

CP+とは《Camera & Photo Imaging Show》国内外の写真映像関連のメーカーが出展する見本市。カメラ映像機器工業会が主催する。平成22年(2010)より横浜で毎年一回開催。

見本市と聞くと業界や報道関係者向けのイベントかなと思われがちですが、このCP+は一般の方でも自由に参加することができます。入場料は原則無料(公式ホームページから事前登録する必要有り)です。

世界のデジタルカメラ販売台数に占める日本メーカーのシェアは約85%に上り、展示会には国内のキヤノンやニコンのほか、海外からも含めて131社・団体が参加。

CP+は各メーカーの新製品発表の場でもあります!

例年、カメラ・レンズ・用品メーカーはこの時期に合わせて新製品を投入。発売は3月以降になる製品が多く、CP+は発売前のカメラや交換レンズに触れられる機会にもなっています。

期間中、有名カメラメーカーやレンズ、プリンタ、アクセサリメーカーなど、写真に関する多くのメーカーがブースを構え、各社の新商品を見たり触ったり説明をしてもらえる、カメラのお祭りです☆

スマートフォンの普及や、中国、欧州市場の景気低迷などで販売苦戦が続くデジカメ業界だが、各社はデジタル一眼レフからコンパクトデジカメまでの幅広い製品群で、画質、性能の高さや付加価値の高さをアピールする。

発表された新製品の中からCP+でも展示されている注目のカメラをご紹介します。

ついに5000万画素時代に突入!今回注目度NO.1は体験ブースも60分待ち

キヤノンは、有効約5,060万画素のフルサイズCMOSセンサーを搭載したデジタル一眼レフカメラ「EOS 5Ds」と、センサー前のローパスフィルタをキャンセルした「EOS 5DsR」の2モデルを6月に発売する。

EOS 5Dsに搭載されるセンサーはニコンD810(有効3,709万画素)、ソニーα7R (有効3,680万画素)を軽く凌駕する有効5,060万画素。これ、毛穴の奥の奥まで写ってしまうんじゃないでしょうか。

EOS 5Ds/5Ds Rのタッチ&トライは、一般入場開始前のプレミアタイムでさえ60分待ちの長蛇の列をなしており、注目度の高さが伺えました。

CP+2015初日の「EOS 5Ds」コーナーはおかげさまで大盛況でした。ブース中央にある氷の彫刻を撮影すると氷の表面を繊細に映し出す高い画質を実感頂けます。CP+開催は15日(日)まで。goo.gl/DPCZUx pic.twitter.com/dGmvOCICll

宇宙を撮る為に生まれたNikon初の天体撮影専用機

ニコンは2月10日、同社初となる天体撮影専用のデジタル一眼レフカメラ「ニコン D810A」を5月下旬に発売すると発表した。

撮像素子前面の光学フィルター特性を変更し、天体撮影用とした特殊モデル。より赤外域に近いHα線(波長656.28nm)まで高い透過率を維持するように赤外カットフィルターの特性を変えることで、一般的なカメラでは淡くしか写せない星雲を鮮やかに写せる。

D810Aの開発者は天文写真家とのことで、まさに天文写真愛好家のためのカメラ。天体撮影に特化したフィルターと有効画素数3635万画素の解像度を生かした魅惑の宇宙を撮れるカメラとなっています。

5軸手ぶれ補正が動画でも威力を発揮する「世界一ブレないやつ。」

オリンパスイメージングは、マイクロフォーサーズカメラ「OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II」を2月下旬に発売する。

OM-D E-M5 Mark IIの特徴は、強力な補正機能を持つVCM方式の5軸手ブレ補正と、小型ながらも防じん・防滴を実現したボディだ。手ブレ補正機構を利用し、0.5画素ずつずらして8コマを連続撮影して合成する40Mハイレゾショットなど、より高精細な写真を撮る仕組みも搭載した。

なんといってもボディー内5軸手ぶれ補正がすごい。動画の場合は5軸手ぶれ補正に加えて電子手ぶれ補正機能も有効になり、一脚やスタビライザーを使わなくてもブレなく撮れます。

スペック的には、シャッター速度5段分も補正してくれます。またレンズ内手ぶれ補正機構では補正できない回転ぶれや、マクロ撮影時に発生しやすいシフト(並進)ぶれも強力に補正します。

1 2





霧生幻さん

記録よりも記憶に残るまとめを目指して!


mail
info_kiryu_gen[at]yahoo.co.jp