1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

daiba49さん

糖尿病合併症予防
プリン体が痛風を引き起こす原因になることは、ご存知の方も多いと思います。
ウイスキーの多くは木樽(オーク材)に詰めて、長い時間をかけて貯蔵・熟成されます。この熟成の間に、オーク樽由来のポリフェノールがウイスキーに溶け込んできます。
このウイスキーに含まれるポリフェノールの一種である「エラグ酸」に、網膜症など糖尿病の合併症を引き起こす酵素の働きを阻害する作用があるという研究結果が出ています。効果は、お茶や赤ワインよりも強力だということです。
また樽での熟成期間が長ければ長いほどエラグ酸の含有量が多くなるそうです。 エラグ酸はイチゴやリンゴなどにも含まれており、美白効果もあると言われています。

殺菌効果

白ワインは有機酸を多く含み、酸性度が高いため殺菌力が強い……食中毒の原因でもあるサルモネラ菌を白ワインに付けたところ、10分後には47万個あったサルモネラ菌が60個に減ったといいます。他のアルコールや赤ワイン、酢などに比べても効果は絶大だそうです。
白ワインの効能

美肌効果
ビール 画像 ビールに含まれる麦芽には、美肌効果があるビタミンB2が含まれています。この他にも、ビタミンB群をはじめとして、カルシウム、リン、ナトリウム、カリウムなど、豊富なミネラル類がバランスよく含まれています。どの成分の含有量も他のお酒と比べると圧倒的に多いのです。
また、ビール酵母に含まれる核酸という栄養素は、細胞を作る原料になるものです。人間の皮膚細胞の新陳代謝を助ける働きがあるのです。

グレーンウイスキー【grain whisky】

大麦・ライ麦などの穀類と麦芽をまぜて糖化・発酵させ,連続式蒸留機で蒸留したウイスキー。アルコール分60パーセント程度に加水して樽(たる)に入れ,熟成する。香味が軽く,多くはブレンド用として用いられる。

1