草餅 by norio_nomura CCライセンス:表示 - 継承

草餅・蓬餅 2月~3月

古くはハハコグサ(母子草)で草餅をつくっていたが、今日では通常の餅にヨモギを磨り潰したものを混ぜ、その中に餡を入れる、もしくは、餡なしできな粉をまぶして食べることが多い。
、普通の餅と同様、延ばして四角く切って切り餅とし、焼き餅や雑煮、ぜんざいとして、食事で食べられることもある。

この情報が含まれているまとめはこちら

季節の和菓子カレンダー

日本には四季折々の和菓子が有ります。春夏秋冬・季節ごとに代表的なものをまとめました。

このまとめを見る