出典 www.kanshundo.co.jp

亥の子餅・玄猪餅 11月

亥の子餅とは、亥の子に際して作られる餅。亥の子(旧暦10月(亥の月)の亥の日の亥の刻(午後10時ごろ)に食べられる。
無病息災のまじないとした中国の俗信に基づいて、平安時代に宮廷の禁裏にて行われたのが始まりと云われている。
名称に亥(猪)の文字が使われていることから、餅の表面に焼きごてを使い、猪に似せた色を付けたものや、餅に猪の姿の焼印を押したもの、単に紅白の餅、餅の表面に茹でた小豆をまぶしたものなど、地方により大豆、小豆、ササゲ、胡麻、栗、柿、飴など素材に差異があり、特に決まった形・色・材料はない。

この情報が含まれているまとめはこちら

季節の和菓子カレンダー

日本には四季折々の和菓子が有ります。春夏秋冬・季節ごとに代表的なものをまとめました。

このまとめを見る