1. まとめトップ

これぞ「デーブ」流!?2年目松井裕樹をクローザーに指名!!

昨年ドラフト1位で楽天に入団した松井裕樹投手。昨シーズンは本人にとっては苦い経験となったようだ。大きな飛躍を目指す2年目を前に大久保新監督が仰天プランを提示しました。

更新日: 2015年02月13日

0 お気に入り 1795 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

不完全燃焼だった1年目から大きな飛躍を目指す2年目

27試合に登板。4勝8敗。116イニングを投げ、126奪三振、67四球、防御率は3.80。

1年前は自身がフィーバーの中心。プロの世界も全く分からなかった。「慣れましたね。全然違います」。表情に余裕も感じられるプロ2年目。昨季4勝に終わった左腕の巻き返しに、期待する価値は十分にある

侍ジャパンに選出の可能性も

楽天・松井裕樹投手(19)が3月10、11日の欧州代表戦(東京D)に臨む侍ジャパン候補としてリストアップされていることが6日、分かった

代表メンバーにリストアップしている楽天・松井裕樹投手(19)について「昨年、あれだけ注目された中で、いい経験になったと思う。(候補に)リストアップはしている」と改めて明言、期待を寄せた

そんな彼に大久保新監督が仰天プランを

楽天は12日、沖縄・久米島キャンプで紅白戦を行い、松井裕樹投手(19)が8回から救援登板。2イニングを1安打無失点2奪三振と好投した

「松井は成長過程の選手だから、いろんな可能性がある。今日の使いどころは(自分の)意思表示」。大久保監督が配置転換の可能性に触れた

この“辞令”に誰よりも驚いたのは松井裕だ。指揮官の発言を報道陣から伝え聞くと、「自分が決めることではない」と前置きした上で、「まだ何も話をされてないです」と顔をこわばらせた

「クローザー」に求められる素質とは?

1.三振を奪える絶対的な決め球

松井投手は非常に鋭いスライダーを武器にしており、1年目にして奪三振率が9.00以上を記録しましたので三振を奪う能力に関しては既に球界トップクラスの実力です。

2.安定した制球力

116イニングで67個の四球を与えており、制球力には不安が残ります。無駄な走者を出してはいけないのがクローザーの条件です。

3.強い精神力

この点に関してはまだプロ2年目ということもあり分かりませんが、本人は楽天的(球団名にピッタリ!!)でワガママとも形容される性格の持ち主だそうですが、これが功を奏する可能性もあると思います。

ファンの反応

ん?松井裕樹をクローザーとしての構想があるの?なんで?

松井裕樹中継ぎかぁ 中継ぎの方が成績良いけど 個人的には先発松井裕樹がみたい!

デーブ監督松井裕樹中継ぎで考えてるみたいだけど、我慢できないチーム事情は重々承知の上、ここはもうちょっと先発で我慢してほしいな。 せっかく去年星野さんが高い授業料払って我慢してきたんだし。

松井裕樹のクローザー。記事が出るまで考えもしなかったがいいかもしれない。

1