Community members visit a memorial on the anniversary of the death of former South African President Nelson Mandela at the site of his arrest in Howick, 5 December, 2014. South Africa marked the first anniversary of former President Nelson Mandela's death on Friday with tributes to his struggle against white-minority rule and sober reflections on the country's failure to capitalise on the freedom he fought for. REUTERS/Rogan Ward (SOUTH AFRICA - Tags: POLITICS ANNIVERSARY SOCIETY) by 写真:ロイター/アフロ

ネルソン・マンデラという人物についての資料などは後述するとして、この記念すべき「釈放から25年」というタイミングで日本語圏に流された、「暴言」としか言いようのない言説がある。

「世界」が上記のように、マンデラを讃える言葉や写真を改めてやり取りし、また米国で起きたあまりに痛ましい殺人事件とそれをめぐる初期報道の欠落(全米ネットがそろって沈黙)についての憤りの言葉などが行きかっていた*ころのことだ。

* http://matome.naver.jp/odai/2142371621503834901

この情報が含まれているまとめはこちら

2月11日付産経新聞掲載の曽野綾子氏の発言が「日本にもアパルトヘイトを」論として英語圏に伝わっている

2月11日といえば、世界的には「ネルソン・マンデラが釈放された日」で、今年2015年は25周年(四半世紀)の節目の年です。そのタイミングで「日本の大手新聞のひとつ」が掲載した「名誉白人」的な人種隔離推奨の文章は、ロイターやWSJなど大手報道で世界に知れ渡っています。orz

このまとめを見る