例の産経新聞、曽野綾子さんの記事をやっと読んだ。 言論と報道の自由は非常に大切だ。その自由は政治家がコントロール・制限するようであれば非常に危険だ。 しかし、その自由には責任が伴う。 政府の近くに居る人が、アパルトヘイトを参考に人種差別を呼び掛けるような行為も同じく危険だ。

返信 リツイート いいね

サッカー解説でおなじみ、トーントン・タウンFCとガンバ大阪のサポーターで翻訳・通訳の仕事もたくさんしておられるイギリス人、ベン・メイブリーさん。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

2月11日付産経新聞掲載の曽野綾子氏の発言が「日本にもアパルトヘイトを」論として英語圏に伝わっている

2月11日といえば、世界的には「ネルソン・マンデラが釈放された日」で、今年2015年は25周年(四半世紀)の節目の年です。そのタイミングで「日本の大手新聞のひとつ」が掲載した「名誉白人」的な人種隔離推奨の文章は、ロイターやWSJなど大手報道で世界に知れ渡っています。orz

このまとめを見る