1. まとめトップ

カッコよくて気持ちいい。紳士肌着の概念を変えた「BODY WILD」

今やメンズ下着の最大勢力とも言われるボクサーパンツ。日本男児の白いブリーフからの脱却に一役買ったブランド、グンゼ BODY WILDについてまとめました。

更新日: 2016年09月18日

7 お気に入り 19842 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ett512041さん

BODY WILD(ボディワイルド)とは・・・

BODY WILDはボクサーブリーフというジャンルを確立させ、さらに、男性下着に高いファッション性を持ち込んだ、日本ではじめてのブランド。

美しいデザインであること。
体に快適にフィットすること。
時代の先を歩む逞しさを持つこと。
そして、モノづくりへの想いを絶やさないこと。

それらにただ一つの妥協も許さず生み出されるのが、
BODY WILDのボクサーブリーフなのです。

「Beautiful body Wild heart」

それこそが、BODY WILDの揺るぎなきアイデンティティ。

登場は1998年

着用感をイメージしたBODYと紳士肌着をブレークスルーする意味のWILDを組み合わせたBODY WILDというブランド名は消費者にもダイレクトにイメージが伝わり、初年度は目標の2倍に相当する販売量を記録する。

クリエイティブディレクターには田中了氏

世界中を行ったり来たり…調子に乗って28歳、東京原宿にて「SATORUTANAKA」の前身となるSHOP「S・T・A・F」を開業。夢と現実を行ったり来たり…試行錯誤を重ね、2002年「株式会社ISOLATION」を設立。初期衝動につい吊られ、2003年「SATORUTANAKA」名義にて東京コレクション初参加、ランウェイショーを開催。
想いや刺激や愛を求め、2009年まで飽きもせず続く…が、空にぽっかりと穴が空いていたので、発表の場をアメリカNYに移す。また世界平和を切実に願うがゆえに、様々な企業と協業、クリエイティブディレクター、フォトグラファーとして表現活動を広げる。

BODY WILDの技術や着心地のよさに、田中氏のクリエイティブ力を融合したハイセンスなブランドとして、今の時代と世代にフィットするグローバルファッションアンダーウェアを展開してまいります。

適度な締めつけで着ごこち抜群!

カラダの立体的な計測をもとに、その凹凸に沿う編み設計を採用し、全体に均一なフィット感を実現しています。だからフィット感がダンゼン違います!

ブランドやキャラクターとのコラボも多数

パンツだけじゃない!

手軽に入手できるのも魅力

おしゃれで機能的でありながら、オンラインショップや近くのスーパーでも購入できるその手軽さも魅力のひとつでしょう。

バレンタインにダンナにBODYWILDのあったかいレギンスを注文した!いつも仕事行く時に履いていってるBODYWILDレギンス、もうやぶれるほど使いこんでるからねぇ・・・。グンゼのサイト、セールになっててちょうど安く買えてよかった♪

出典ameblo.jp

2012年のイメージキャラクターを務めていました。

1