1. まとめトップ

単身引っ越しで安く済ませるために大事な3つのポイント

単身引越しの料金相場・引越し費用を安くするための3つのヒント

更新日: 2015年09月10日

42 お気に入り 55632 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

NAV_good_knmさん

新生活のスタートから余計なお金は払いたくない!!

単身者の場合、引越しを自力でやる人も多い。しかし、実際にそれが一番おトクなのかどうかは、一度検証してみる必要がありそうだ。

引っ越しの相場は幅が広すぎる

出典nanapi.jp

自力引越しの場合は車のレンタル+友人への御礼

1人で運べない荷物の運搬のために友人に協力を仰げば、一緒に外食に行ってごちそうするのが普通で、その費用もかかる。

市内間でも搬入搬出の作業時間も1日かかると考えれば、最低3万~4万円程度はかかる。

一人暮らしの場合、2トントラックと作業員2人程度と見積もられることが多い

少量の荷物かつ市内間の場合、引越し専門会社に依頼すると、単身引越しの平均料金は3万~6万円

引っ越しの選択を考えるポイント

では、新生活のスタートを安く済ませるために、最も注意すべきポイントは何か。
3つに分けて紹介。

1.安いところから見積もりを行う

一括見積もりサービスは、1回の必要入力だけで、その地区に対応している業者に連絡することができるので非常に便利だった。

一人暮らしの引越しでも、一括見積もりサービスは利用可能。まずは見積もりを依頼して、気になる会社を絞り込んだら、価格面でも交渉してみよう。

引っ越し業者のホームページで料金調べても無駄!!!!ということに気が付いた

引っ越し業者のHPを見てもあまり効果が無い。各条件ごとに見積もりをするからである。
実際に見てもらうほかない。

その理由は…
引っ越し料金は時期によって大幅に違うから!
ホームページでは標準の価格しか掲載してないから!
業者の営業マンに直接会わないと資材のサービスとか不明だから!

HPはあくまで最安値の基準。


一括見積もりサイトを利用して、複数の業者に引っ越しを頼もう。

見積もり無料が普通であり、複数の業者に頼んでも1日で全て終わらせることができる。

、複数の業者の見積もりを提示させることができるから価格の競争を起こすことが一番のメリットだ

一括見積もりする際、日付や時間を指定する必要があるが。
引っ越しの相場は大きくばらつくので、おおまかに「安そうな業者」に目星を付けておく。

そして安値順に見積もりしてもらうことが大事。

見積もり後、違う業者の見積もり書を提示して、ここではこんな安かった。と教えるとかなり安く勉強してくれるのだ。

また、クロネコヤマトなどで行っている単身引っ越しサービスは、寮から寮への引っ越しやレオパレスと言ったある程度荷物が絞れている場合には安く済ませれる。


しかし家電なども同時に運ぶ場合、かなりの値段になる。運ぶ量が極端に少ない時にしかメリットはない。

赤帽は個人事業形態なのでかなり安い。

赤帽の安さは業界でも知れ渡っているので「赤帽ではこんなに安いからまけて。」と訴えても「あそこは
特別だから。。」と返されてしまうだろう。

2.引越し時期や時間をずらす

1 2