1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

hitokoinomiさん

ジブリ初の黒字作品

意外かもしれませんが、魔女の宅急便は初めてジブリを黒字に導いた記念作品です。

実は、これ以前の宮崎監督作品は興行収入が右肩下がりでしが、魔女の宅急便でなんとトトロの倍以上の興行収入を叩きだし、ジブリを黒字化させたのです。

女の子は必ず魔女になる?

キキは魔女です。

キキのお母さんも魔女です。でも、お父さんは普通の人間です。

魔女には色々としきたりがあるようです。

まず、魔女の家では、女の子が生まれたら同じ時期に生まれた黒猫のオスを探して一緒に育てるのがしきたりです。

なぜ黒猫と一緒に育てるのか、その理由は分かりませんが、ひとつだけ間違いなく分かる事は、「女の子が生まれたら魔女として育てる」という事です。

では男の子は、魔法使いにはなれないのでしょうか?

この世界での「魔女」と「魔法使い」は別の意味を持っているような気がします。

魔女になるための修行

さて、そうして生まれた女の子キキは、13才の春の満月の夜に修行に出ます。これもしきたりです。

1年間、魔法で生計を立てて暮らすことが出来たら合格で、実家に帰れるようになります。

このしきたりですが、まずはこの世界が「魔女が居るのは普通」とみんなが思っている事が基本のような気がします。

普通であれば、「魔女」である事を隠して生きていたりするのではないかな?と思うのですが、「魔法で生計を立てる」という時点で、かなりオープンです。

実際、キキも「魔女の宅急便」という名前で看板を出します。

この修行は、「魔女の住んでいない町」でやるのがしきたりなのですが、それって「魔女普及活動」みたいですよね?

魔女のいない、魔女を知らない人達の所で魔法を使って魔女として生計を立てるのですから、みんなに魔女を知って貰おうという普及活動みたいですよね。

高山みなみ、一人二役

キキ役の高山みなみは元々ウルスラ(森の中に住んでいた画家の少女)役のみでした。しかしその時キキ役に適任者がおらず、高山みなみはキキ役のオーディションを受け合格。

今度はウルスラ役に適任者がいなくなってしまったため、キキとウルスラの二役を一人で演じることになったそうです。

別々の場所に登場するならまだしも、同じ場面に登場して会話する人物を一人で演じるのはすごいことですね。

ジブリバスが登場?

よく見ると「STUDIO GHIBLI」と名前の入ったバスが一回、「GHIBLI」と名前の入ったバスが一回、それぞれ劇中に登場します。

一瞬で通り過ぎるため、普通の再生速度ではかなりの動体視力が必要とされます。ビデオの一時停止やスロー再生を駆使するなどして根気良く探せば見つけられるかもしれません。

ヒントは、どちらも”物語の序盤”に登場しますよ!

ジジが人の言葉を失ったワケ

キキが赤ちゃんの頃から一緒に育てられた黒猫のジジ。

彼はキキと会話をする事が出来ます。しかし本作中、途中でジジは言葉が話せなくなります。

なぜジジは言葉が話せなくなったのか?

実は、ジジが話せなくなったのではなくて、キキが魔力を失ったからなのです。

キキとジジの関係ですが、兄弟みたいなものですよね。

ジジが話す内容は、実はキキの心の声なのです。

魔女の修行をする事で、子供から大人に変わる。

キキは初めての独立で、ホームシックになったり色んな体験をしたりして、自信を失います。

自信を失ったキキは、空も飛べなくなってしまいます。

つまり魔力を失って、ジジの言葉が分からなくなってしまったのですね。

キキとトンボ

もうひとつの考えとしては、修行して一人前の魔女になる上で色んな人と知り合い、友人も出来て人間として成長します。

するともう「自分の声」は聞かなくても良くなるし、ジジ以外の相談相手も出来て、シジと話せなくてもよくなるのです。

実際、物語のラストの方で、魔力は戻って空を飛べるようなりますが、ジジとは相変わらず話が出来ないままです。

そしてトンボとの関係。

この作品のキーとなる「トンボを助けたいという願いが、魔力を甦らせるきっかけになりました。

でもこの時点のキキは、トンボに対して友情はあっても愛情は無いようですね。

トンボの方は、キキに恋しているようですが・・・

つまり、恋愛と魔力は関係ないようですね。

キャラクター全員登場?

トンボを助けるシーンには、料理を届けた先の少女やキキの自己紹介に戸惑っていた緑の帽子のおばあさんなど、それまで登場した人物たちが映っています。

ちなみに、エンディング間近でキキにデッキブラシを貸したおじさんのモデルは宮崎監督だそうです。

クライマックスは付け足し

クライマックスの飛行船の暴走からトンボを救う一連の流れは、アニメオリジナルです。

映画としてスぺククタル性に欠けるという判断から、鈴木敏夫プロデューサーの判断で付け足したと言われています。

当初のラストは、主人公が成長して魔法が使えなくなるオチだったそうで、鈴木敏夫プロデューサーの英断が功を奏した形となりました。

飛行シーン

1 2