1. まとめトップ
  2. カラダ

2月が乾燥のピーク?!からだが『かゆく』なる人が急増中!!

乾燥のピークを迎える2月、からだの『かゆみ』でお困りの方も多いはず。予防では間に合わない!パーツ別ですぐ効く対処法をまとめてみました♪

更新日: 2015年02月16日

qoqoqoqnさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
161 お気に入り 67857 view
お気に入り追加

* 最近、からだのあちこちが『かゆく』ないですか??

過酷な寒さが続く冬の季節は、気温と湿度の低下で乾燥肌はよりその度合いが増しやすく、肌状態が好調という人も、いつ乾燥に傾いてもおかしくないというやっかいな時期です。

顔だけでなく、ボディも乾燥するこの時期。『脚や腕がカサカサ…』『背中や腰の部分がかゆい』なんてことありませんか?

背中かゆいのにちょうどど真ん中かゆいからかけねぇ・・・

* 実は冬で一番乾燥するのは2月なんです!

1年のうち、12、1月は一年でもっと寒く、乾燥する季節。その時季を過ぎて、少しずつ気温も湿度も上がってくる、2月、3月は肌の潤い(水分量)は一年の中でもっとも乾燥している時期なのです。

厳しい乾燥や寒さによりダメージを受けた時期に生まれた細胞が、今、角層として肌の表面に出てきているということ。このため、真冬を越した2・3月にはもっとも肌荒れや乾燥がひどくなるのです。

2月になってから急きょ肌の乾燥ヒドい顔カッサカサ唇カッピカピ

bit.ly/15CITvl もう乾燥してかゆいよう( ´△`)今の時期って乾燥するね( ´△`) pic.twitter.com/8zVzYoMmpt

・1月から飛散を始めた花粉も原因のひとつ

北海道以外の地域では1月から飛散しはじめています。

最近知られるようになった花粉症皮膚炎。
花粉は鼻や目の症状だけでなく、肌にも影響を及ぼします。

くしゃみ・鼻水・目のかゆみはなく、自分は花粉症じゃないと思っている方も、実は『花粉症皮膚炎』かも?!

くしゃみが出るわけでもなく、目が痒いでもない。でも私の花粉症は肌荒れです…異様に肌がかぶれるんです。家から出たくない

ほんとにかふんやだ!肌がさがさになるしアタマ洗っても洗ってもかゆいし、暑苦しいマスクしないとだめだし、花粉症なおるくすりってないんですかね?!

花粉症始まってるから、乾燥肌が激しいからお前、お前に期待してるから! pic.twitter.com/b9xTqFZSMi

* 【パーツ別】今からでも遅くない乾燥対処法!!

乾燥で起こる皮膚病なので保湿剤をぬることが治療の基本です。特に入浴直後にまだ皮膚が十分に乾ききっていない時にぬると水分を皮膚に閉じこめて保湿力がアップします。

洗顔とスキンケアはスピーディーに行うのがポイントです。水の温度はぬるま湯が最適だと言われています。毛穴が開くからと熱いお湯を使っている方も多いのですが、それは間違った方法なので注意してくださいね。

“勝負のときのスペシャルケア”にしがちなマスクですが、この季節はぜひ週に2~3日は使ってみてください。使うごとに肌の調子が整っていくのを体感できるはず。

強いシャワーを顔にあててはダメ!肌を傷付けて必要な皮脂が取れ、乾燥をひき起こします!やさしく手でこするのが一番!

1 2





qoqoqoqnさん

1日1まとめ…できるかな?

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう