アイレムによるこの版が日本で長く愛されることになった要因として、自分の身長の高さを落下しただけでミスとなる(身長は16ドットであり、14ドットより大きい落下でミス)シビアな操作性と難易度、2周目以降の存在が挙げられる。クリア周回を重ねるとクリアに必要なアイテムが見えなくなるなど、2周目から6周目にかけて元々高い難易度がさらに上昇するため、どこまで続けられるかというやり込み要素につながることとなった。6周目以降は、6周目と同じ内容となるため、精神力・集中力との勝負となる。そして、256周目は1周目とほぼ同じだがカギが表示されず、257周目は1周目と全く同じになる。

出典スペランカー - Wikipedia

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

伝説のクソゲーランキング 語り継がれる最悪のファミコンソフト 厳選10本(たけしの挑戦状他)

覚えているだろうか?ファミコン(FC)で知られる懐かしのクソゲーをまとめました。糞ゲー、バカゲーや迷作と呼ばれる数々の作品の中から10作品を選定してます。いまだに名前が残るのはある意味伝説かも?!

このまとめを見る