ふとしたことから宝探しの情報を聞き出し、本格的な宝探しに行くためには、まず身の周りのしがらみを取り払い、周到な準備をする必要がある。「離婚届を出す」「退職届を出す」「恩人を倒す」「カルチャークラブで技能を修得する」などがこれである。
他にも「パチンコの最中にIIコントローラーのマイクで叫ぶ」「宝の地図を出す際に『5分経過後から10分経過する前にIIコントローラのマイクに向かって叫ぶ』か『1時間待つ』」など通常では思い付き難い操作が要求される上に、ハンググライダーを使う場面では、上に自由に移動できないなどの独特の操作性のため難易度の高いシューティングゲームとなる(セスナなどの他の乗り物では着陸が出来ず結局クリア不可能である)。

出典たけしの挑戦状 - Wikipedia

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

伝説のクソゲーランキング 語り継がれる最悪のファミコンソフト 厳選10本(たけしの挑戦状他)

覚えているだろうか?ファミコン(FC)で知られる懐かしのクソゲーをまとめました。糞ゲー、バカゲーや迷作と呼ばれる数々の作品の中から10作品を選定してます。いまだに名前が残るのはある意味伝説かも?!

このまとめを見る