1. まとめトップ

意外と知らない!結婚祝いのお返し「内祝い」のマナー

結婚祝いのお返し「内祝い」のマナーについて

更新日: 2015年04月03日

48 お気に入り 199530 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

内祝いのマナー

早めに贈る

結婚の内祝いに限らず、お祝いへのお礼はできるだけ早い時期に行なうようにしましょう。

1ヶ月以内がおおよその目安です。

「刃物」「割れ物」はさける

結婚式でのタブー言葉に「切れる」「割れる」などがありますよね。

それと同じように、贈るものも、そのようなことを連想しない、縁起のよいものを選ぶとよいとされています。

偶数をさける

ご祝儀の金額と同じように、二つに「割り切れる」偶数は「別れ」をイメージするのでよくない数、といわれています。

詰め合わせなどを贈る場合は、偶数をさける、という習慣があります。

縁起物にこだわる

結婚式の引き菓子の定番として「バームクーヘン」がありますよね。

これは、幾重にも年を重ねるように、また家族が増えるように、などとの縁起をかついでのもの、といわれています。

このように、「おめでたい」ものを贈るように気を配ったカップルも多くいました。

お礼状を添える

郵送の場合には直接お礼が伝えられないだけに、手紙を添えるなど、礼儀をつくすようにしましょう。

たとえひと言だけであっても、カードを添えるなどの配慮は忘れずに。

お返しの相場

結婚内祝いのお返しの相場は、頂いた
ご祝儀やお祝い品の「半額」から「3分の1」を目安にします。
高額な結婚祝いを頂いた場合は、上記の金額程度の品物でお返しをします。
また、新婚旅行のお土産をプラスして渡す場合もあります。

具体的には何を送るといいのか?

親戚へ

「日用消耗品」や日持ちする「食品類」などがいいです。
具体的には「かつおぶし」や「お米」など。 
また、商品が選べる「カタログギフト」などもいいですね。

お子様のいる家族へ

お子様がいる家族には、家族みんなで食べられるスイーツやジュースなどがオススメです。
具体的には、クッキーやマドレーヌなどの焼き菓子のセットや果汁100%のジュース類です。
また、家族で使える石鹸やタオルなどもいいですね。
例としてはお子様に人気のキャラクターのタオルセットなどが喜ばれるでしょう。

友人へ

友人には、その方の好みに合った品物を選ぶようにしましょう。
例えば、人気のあるスイーツや食器、調理器具などもオススメです。 
親しい間柄の友人であれば、好みの品を直接聞く方法もありです。

上司や同僚などグループへ

特に職場の上司や同僚などグループのお祝いのお返しには、個包装のお菓子類がオススメです。
具体的には、一人ひとりに分けられる、日持ちする個包装のマドレーヌやパイやバームクーヘンなどがいいでしょう。

のしの書き方

表書きは「内祝」または「寿」

のしの「表書き」とは、水引の結び目の上に書き入れる内容のこと。結婚内祝の場合は「内祝」か、または「寿」と書くのが一般的です。お祝いをいただいた方にお贈りすることが多いので「御礼」でもよいように思えますが、本来の内祝は「親しい方と慶事の喜びを分かち合う」ための贈り物ですから、お返しやお礼とは違うものなのです

差出人は「新姓」または「2人の姓名」

水引の結び目の下には、「結婚後の新姓」か「新姓の下に2人の名前を並べて」書き入れます。新郎新婦を紹介する意味では「名前を並べて書く」のが好ましいようですが、結婚を「家同士の結びつき」と考え、「新姓」を優先する家もありますから、両親などに相談してみるとよいでしょう

1 2