1. まとめトップ

そろそろ対策しよう☆相続税!計算方法や実例と注意点や税理士の依頼法

家族のために相続税対策はお早めに!シュミレーションや実例、計算ソフト等について分かりやすく解説

更新日: 2015年02月16日

0 お気に入り 2213 view
お気に入り追加

相続税の計算方法

相続税の計算方法は相続に関する法律で明確に定められています。
その計算方法を知っておけばいつでも簡単に計算できます。
ただ、条件がいくつもありますから、実際にいくら払わなければならないかは手計算では難しいでしょう。
Excelなどのパソコンを利用した計算が一般的です。
インターネットを調べてみると、フリーのソフトとして提供されていることも少なくありません。
もちろん、パソコンの使い方を知らない人には無用の長物かもしれません。
そんな人は自分で一生懸命計算するか、人に頼むことが確実です。
注意しなければならないのは、相続税に関する法律が時々改正されることです。
法律の改正によって相続税率が変わりますから、支払わなければならない税金も変わるのです。
相続する金額が最低ライン程度であれば、複雑な計算をする必要はありませんが、土地や建物、貯金などたくさんの遺産がある場合には注意しなければなりません。
相続税の計算をしなければならないくらいの遺産をもらいたいと思ってしまう人も少なくないかもしれません。
ただ、いつ自分のことになるかわかりませんから、知っておいて損はありません。
まず、相続する人数によって相続額は変わります。
税金も一人当たりの金額が少なければ、無課税となる割合が高くなります。
財産がないと思っていたら、意外とたくさんの遺産があったと言う話はよく聞くでしょう。
土地や建物は目に見えますからすぐわかりますが、貯金や有価証券は連絡が来るまでわかりません。

相続税と家族

相続税を気にしている人はどれくらいいるのでしょうか。
一定額までは控除となりますから、計算方法を知っていると安心です。
特に家族が多ければ、控除額も大きくなります。
相続税の計算方法はいろいろな条件を加味しますから、ちょっと面倒になるのです。
ただ、現実的に相続税を支払っている人は全体の5%にもなりません。
つまり、ほとんどの人が相続税と無縁なのです。
確かに、自分の親に億単位の遺産があると期待する方が無理でしょう。
ただ、今は健在でも、いずれ相続の時がやってきます。
その時になって、困らないように計算方法をしっかりと押さえておきましょう。
相続税がかからないことを確認しておくのです。
家族が多いと一人当たりの相続額は減少しますが、税金もかからなくなります。
遺産相続が元で、家族間の争いになると言う話を聞くことがありますが、それは金額と関係ありません。
税務上は非課税と決まっている金額でも争ってしまうのです。
誰でもタダでもらえるお金はできるだけ多い方がいいでしょう。
しかし、感情的なもつれが表面化すると、簡単には解決しません。
裁判などを起こしたからと言って、何も解決しないのです。
本来ならなかったはずの遺産をもらえるようになるだけで人は変わってしまうのでしょう。
あなたは親の遺産に期待していますか。
親の財産は人の物だと考えておけば、もらった時の金額で満足できるのではないでしょうか。
もらう権利があると考えると、多くを望んでしまうのです。

相続手続きと税

相続税とは親など自分が親族の財産を受け取った時に支払わなければならない税金です。
その計算方法は法律で定められていますが、いろいろな条件がありますから、慣れていない人にはわかりにくい制度となっています。
パソコンなどを利用すれば簡単に計算することができますから、計算方法を知らなくても心配はいりません。
多くの人が考えなければならないのは、相続税が発生するかどうかです。
相続人の人数によって遺産を分配しますが、人数が多ければ一人当たりの金額が減少して非課税となるケースが多くなります。
日本全体で相続税を支払っているのは4%ちょっとと言う数字です。
自分のことをお金持ちだと思っていなければ、相続税を払うことはないと思って間違いないでしょう。
ただ、相続税がどのように計算されるのかを知っておくことは大切です。
貯金だけではなく不動産や証券なども相続税の対象となるからです。
また、生前贈与も相続税に密接に関係しています。
まずは基礎知識として知っておくことが大切でしょう。
相続税の計算方法は国税庁のホームページにも掲載されていますが、表現がわかりにくいですから、税理士などが書いたホームページがいいでしょう。
ただ、法律の改正によって税率や控除額が変更になっている場合もありますから、注意が必要です。
相続は親の死亡によって始まりますから、死亡日から起算して一定期間の間に相続税の申告をしなければなりません。
慌てて計算して間違わないように計算方法を知っておくべきなのです。

相続税計算の実例

相続税がいくらになるかを知るためには計算方法が決まっています。
この計算方法を知っておけば、節税対策が可能となります。
実例で説明しましょう。
もちろん、一定額までの相続なら非課税となりますから、国民の大多数の人は相続税を払う必要はありません。
相続税がかからない範囲の計算方法を見てみましょう。
基礎控除額は5,000万円と法定相続人一人当たり1,000万円です。
つまり、最低でも6,000万円以上の遺産がなければ、相続税は発生しません。
また、生命保険は別枠で控除額があります。
法定相続人一人当たり500万円です。
もちろん、被相続人に借金などの債務があれば、その分を相殺することができます。
遺産の総額が減少することになります。
家族構成は夫婦と子ども二人と仮定しましょう。
夫の死亡によって相続が発生します。
遺産額が1億8.000万円だったとすると、基礎控除の8,000万円を引いた1億円が課税対象の遺産額となります。
妻は遺産の半分をもらいますが、控除額が200万円ありますから、1億円の半分の5,000万円に税率20%をかけて、控除額200万円を引いた残りの800万円が相続税となります。
子どもも同じように計算して、325万円となります。
相続税は相続額が大きくなれば税率が上がりますが、何億円も相続する人はごくわずかです。
自分には関係ない話だと思って間違いないでしょう。
参考までに相続税率を紹介しておきましょう。
1,000万円以下は10%、3,000万円までが15%、5,000万円までが20%、1億円以下30%、3億円以下40%、3億円以上50%となっています。

相続税計算時の注意

相続税の計算方法を知っておくことは大事ですが、注意点もありますから、しっかり理解しておきましょう。
まず、相続税の申告のための計算方法だけでは意味がありません。
遺産に関する資料を準備することから始まります。
相続人間での話し合いも必要です。
少額の相続でも家族間で争いとなってしまうケースも少なくありません。
調整をきちんと行って、すっきりとした遺産相続をしたいものです。
土地の評価は注意が必要です。
何も知らない人が土地の評価をすると、その計算方法が間違っている場合もあります。
相続税の計算方法が間違うことになります。
また、計算方法を知っておくことで、節税対策もできます。
もちろん、これは相続する遺産の金額が課税対象額を越えている場合の話です。
大半の人は控除額を下回りますから、元々相続税を支払う必要はありません。
ただ、不動産の場合は1件当たりの金額が大きくなりますから、状況によっては思った以上に相続税がかかってしまうこともあります。
相続税の計算方法を知ることで、どのようなやり方をすれば、相続税が少なくなるかがわかります。
それは基本的な知識と考えるべきでしょう。
もちろん、毎日相続のことを考える必要はありませんが、いざと言う時にスムーズに計算できるようにしておきましょう。
わからないことがあれば、税理士などに相談することもできます。
もちろん、税理士はビジネスですから、無料で済むわけではありません。
ただ、節税が可能であれば、その分は確実に収入となります。

相続税の基本

相続とは親などが死亡した時にその財産を受け継ぐことです。
もちろん、土地や建物など目に見えるものもありますし、お金や株券などもあります。
どのような形であれ、社会的な価値が認められるものに対する相続には相続税が科せられることになっています。
相続税の計算方法は難しくありません。
ただし、それは相続財産の評価額が決まっている場合です。
相続額の計算方法では基礎控除が5,000万円です。
それに加えて相続人一人当たり1,000万円も控除されます。
つまり、6,000万円までなら相続税はかかりません。
6,000万円を超える財産を持っている人がどれくらいいるのでしょうか。
相続税のことで悩む必要のある人はお金持ちです。
一般庶民には無縁のことと言っても間違いではありません。
相続税の計算方法が問題となるのではなく、相続に関する争いが問題となるのです。
少額であっても、少しでも多く財産をもらいたいと思ってしまうからです。
特に家などは兄弟で分割することはできません。
誰が家を取るかと言うことについて、揉めることが多いのです。
親がなくなって、初めて兄弟が話し合いをするケースも少なくありません。
日ごろからコミュニケーションを取っていれば、このような問題にはなりません。
相続税のことを考えるよりも、自分たち家族が幸せでいられるためにどうすべきかを考えることが重要です。
もちろん、無用な税金を払う必要はありませんから、節税対策として相続税の仕組みを知っておくことも重要でしょう。

相続制対策

インターネットで調べてみると、相続税対策をしておかなければならないと言う警告の記事がたくさん見られます。
相続税が大幅に増税されることが原因です。
一定の基礎控除がありますから、自分は相続税と無縁だと思っている人も少なくないでしょう。
しかし、都市部での土地や建物の資産価値は自分が思っている以上に高くなっています。
知らないうちに基礎控除分を越えてしまっているのです。
親が亡くなって、いきなり相続税を払えと言われても、お金がなければ家を売らなければならなくなるのです。
相続税対策として考えられることは、資産の評価額を抑えることです。
相続税の計算方法は単純です。
基礎控除分を越えると課税されることになるだけです。
具体的な計算方法は5,000万円の基礎控除と一人当たり1,000万円を加えた分を越えた金額が課税対象額となります。
今後の税制改正で基礎控除の金額が下げられる可能性は少なくありません。
相続税対策として、配偶者控除を利用する方法があります。
これは子どもに対して配偶者の遺産相続は特別な枠が設けられているからです。
ただ、これを利用できるのは配偶者だけです。
両親が亡くなった時にはその時点での相続税が多くなります。
いずれにしても、遺産相続を当てにするのではなく、自分の生活費は自分で稼ぐことが大切なのかもしれません。
もちろん、まだ学校に通っている子どもであれば、その生活は保障されなければなりません。
家を相続しても、食べていくことはできないのです。

相続税シミュレーション

相続税の計算方法は国税庁のホームページなどに詳しく書かれています。
いろいろなパターンでの計算例が掲載されていますが、今一つピンとこない人もいるでしょう。
そのために簡単に自分で相続税を試算できるシミュレーションが提供されています。
銀行などが提供している場合もありますし、個人が作成したフリーソフトもあります。
どれを使用しても計算方法は同じですから、相続税は同じになるはずです。
ただ、注意しなければならないのは、いつの時点での税率を採用しているかと言うことです。
税制改正は頻繁に行われており、古い税率で計算すると大きな間違いとなってしまいます。
親の財産がどれくらいあるのかを知っている人はいるでしょうか。
もちろん、一緒に生活していれば、おおよその想像は付くでしょう。
自宅と仕事関係、そして貯金です。
基礎控除額を越えていなければ、課税されることはありません。
兄弟が多ければ、相続人が多くなりますから、控除額も大きくなります。
増税されたとしても、相続税を支払わなければならない人は国民全体で考えるとわずかです。
シミュレーションソフトを利用する場合、いろいろな前提条件があります。
それは、相続する人数で金額が大きく変わるからです。
どのような人が相続できるのか、相続する割合はどうなのかと言ったことを考慮しなければなりません。
家族関係が複雑な場合、争いとなる可能性もあります。
生命保険や死亡退職金などは別枠で計算する必要があります。

相続税と贈与税

自分が死亡した時に相続税がかかることを避けるために、生きているうちに遺産を分け与えようと考える人がいます。
この考えは理解できますが、世の中はそれほど単純ではありません。
相続税はかかりませんが、贈与税の対象となります。
つまり、税の計算方法を見ればわかりますが相続税と贈与税は一体のものとして取り扱われます。
生前に親からたくさんの贈与を受けていることがわかれば、遡って課税されることになります。
もちろん、そこまでの財産を残していなければ、基礎控除分として課税対象にはなりません。
どのような形であれ、お金を人から人へ移すことは課税対象となることを理解しておきましょう。
ただ、生前贈与に対する課税と相続税では計算方法が異なります。
そのため節税対策として生前贈与をすすめている税理士も少なくありません。
一般の人にとって相続税はお金持ちの税金だと言う意識があります。
実際に課税される人はごくわずかです。
ただ、自分がそのごくわずかに含まれていないことを確認しておくことは大切です。
土地や建物の評価額が予想以上に高くなるケースも少なくないからです。
もちろん、現代はバブル期ではありませんから、土地が高騰することはないでしょう。
しかし、周りが開けてきて交通の便が良くなってくると、土地は必然的に価値が高くなります。
相続人が少ない場合は一人当たりの相続額が上昇するため、課税される可能性も高くなります。
少しでも生前贈与で節税できるなら、その方法を選ぶべきでしょう。
計算方法について、しっかりと把握しましょう。

相続税と税理士

相続税の計算方法がわからなければ、インターネットで調べるとよいでしょう。
しかし、いろいろな条件がありますから、それらすべてを理解することは難しいかもしれません。
特に複雑な親族関係があれば、必ず揉めることになります。
映画やドラマで相続人同士の殺し合いが展開されることもあります。
一般の人には無縁かもしれませんが、計算方法を理解するためにも税理士に相談することをおすすめします。
もちろん、税理士に依頼すると無料ではありませんから、必要になった時で構いません。
日常生活の中で、相続税のことを考えている人はほとんどありません。
親が亡くなって初めて相続税の計算方法を知る人が多いでしょう。
ただ、実際に課税される人の割合が少ないですから、あまり心配する必要はありません。
親が大金持ちであれば、相続税を払うことも気にならないかもしれません。
課税対象額は6,000万円を超えていなければなりません。
普通の家と土地だけであれば、非課税となることでしょう。
注意しなければならないのは税理士のすべてが相続税に詳しいわけではありません。
もちろん、まったく知らないわけはありませんが、日常の業務で相続税を担当することがない人もいるでしょう。
その時の税制によって、課税額が変わります。
それを十分理解している税理士に相談しなければなりません。
自分で相続税を計算することもできます。
また、税務署で無料の相談を受け付けています。
一度相談してみるのもいいですね。

相続税の相談

相続税のことがわからなければ、法律事務所などに相談してみるといいでしょう。
相続税の基本的なことから、具体的な計算方法までいろいろと知っておくと役に立つでしょう。
一般的な法律事務所での相談は有料ですが、初回は無料となっているところも少なくありません。
もちろん、相続税の計算方法を知るまでもなく、非課税となっている人がほとんどです。
自分の家が裕福かどうかは毎日生活している中でわかっているはずでしょう。
ただ、税制改正や土地の値上がりなどによって、予想外の相続税がかかってしまうこともあります。
その時に慌てないで済むようにしたいものです。
相続した不動産を売却するケースでは注意が必要です。
相続するまでは自分の土地ではありません。
相続税を節税することも大切ですが、知っておけば払う必要がなかった税金もたくさんあります。
税金が少なくなることは実質的な収入が増えることになります。
基礎控除額が大きいため、相続制など自分には関係ないと思っている人が大半ですが、法律事務所で相談すると、新たに知ることもたくさんあります。
相談して損をすることはないでしょう。
まずは相続するだろうと考えられる財産を計算してみましょう。
その上で相続税を計算するのです。
計算方法は難しくありません。
法定相続人が増えると、いろいろな条件が絡み合ってきます。
現実にはそのような家族は少ないですね。
あなたの家族は何人ですか。
家族の中が良ければ、相続についての問題はありません。

相続税の申告

1 2





日々、お役立ち情報を記事にしてまとめております。皆様から「ためになった!」と思われるようなまとめサイト作成を心がけております!